ロンドンインター International Dance Championships 大会 留学案内

スポンサーリンク

イギリスで開催される、社交ダンス界の世界三大大会のうちの一つ、ロンドンインターについてご紹介します。

スポンサーリンク

大会の詳細〜ロンドンインター London International Championships〜

場所

英国の首都 ロンドンのロイヤル・アルバートホール(Royal Albert Hall)で予選を勝ち抜いた選手が出場できる本戦。予選は、同じくロンドンの郊外にあるブレントウッド センター(Brentwood Centre)にて行われます。

ロンドンインターは、こんな大会

社交ダンスの3大大会で、予選と本戦が違う会場で行われるのは、このロンドンインターだけです。この予選を勝ち抜くことが出来る選手は限られており、プロスタンダード部門でいうとベスト48への出場が認められた先週のみとなります。日本人では数人ということになります。

また、本戦の会場でみんなが踊れるわけではない。予選と本戦の会場がかなり離れている。そんな理由なのかもしれませんが、他のブラックプールや、UK選手権と比べて、出場選手のレベルが高い、ある程度精鋭しかでてこないという印象があります。

2019年が第69回ということは、1950年から開催されていることになるのでしょう。

その他の特徴

開催期間が予選を入れても3日間と短い。

予選会場のブレントウッドが遠い。

ロイアルアルバート・ホールは、楕円形のホール。フロアも楕円形

ロンドンインター開催時期

毎年 10月。

2019年を例に取ると、予選が10/8がラテン、10/9がスタンダードで、ブレントウッド 国際ホール(Brentwood International Hall,Brentwood Center,Brentwood ESSEX)で行われ、10/10にロイアルアルバートホールにて本戦が行われます。

公式サイトのエントリー締切は8/1とのこと。

エントリー先 ホームページ

UK Single Couple Entry
Dance-News

当サイトで掲載しているロンドンインターの動画一覧

ロンドンインターの動画一覧/London international Dance
London international Dance Championship Videos。社交ダンスの世界三大大会のうちのひとつ、ロンドンインターナショナルダンス選手権の動画一覧です。 ロンドンインターは、英国のブレントウッドで予選が行われ、本戦は同じく英国のロイヤルアルバートホールにて行われます。

※社交ダンス動画まとめサイトへリンクします。

宿泊先 交通手段

大会前からイギリスでレッスンを受けたり、練習をしている留学組は、レンタカーを借りたまま、来るようなので、もともと借りていたフラットや、ロンドン市内のホテルということが多いようです。

そうでなく、イギリス国外からこの大会に来る場合は、ブレントウッドの近辺、ブレントウッドの駅のホテルは限られているので、数ヶ月以上前から予約しておく必要があります。ただ、電車もそんなに少なくないので、別の駅でも良いと思います。

問題は、ブレントウッド 国際ホールまで、ブレントウッドの駅からバスで行くのですが、この帰りのバスが結構早くになくなるということ。

予選といえども、プロフェッショナルのライジングスターなどは決勝まで、この予選会場で行われるので、せっかくなら最後まで見たいことです。もちろん最後まで踊っているというのが一番良いですね。
が、そうすると確実にバスはなくなります。

誰か知り合いに車に乗せてもらうか、タクシーなどを手配する必要があります。ちなみにタクシーが流していたり、待ってくれているようなところではないです。

また、ロイアルアルバートホールのあるブレントウッドまでは、かなりの距離がありますので、電車の場合は時間などちゃんと調べておきましょう。電車だと2時間近く、車でも1時間半以上かかります。

会場の様子

ロイアルアルバートホールの外観
ロンドンインターの本戦会場です。

楕円形のフロアが特徴的

マウリツィオ引退のセレモニー
ロンドンインター 2016/10/14

ロンドンインターの会場 ロイアルアルバートホール内の、バンド、司会席の様子。

会場所在地 地図

予選会場のブレントウッド ホール


帰りのバスの時間に注意

 

本選会場のロイアルアルバートホール Royal Albert Hall

スポンサーリンク
OnoKenをフォローする
社交ダンスとITをつなげるサイト ITxDANCER.com