海外留学の保険について クレジットカードの活用法

スポンサーリンク
留学案内

海外へダンス留学するときの保険はどう考えていますでしょうか?

通常の旅行と違って、期間が長かったり、頻度が高くて、毎回保険に加入していると数千円〜万単位の金額になってしまいます。だから、保険に入っていないという人も多いと思います。

が、海外で交通事故や、怪我、病気等のトラブルがないとは限りませんので、保険には入りたい。

そんな方に、おすすめなのは、クレジットカードの保険を活用する方法です。

先に結論から言っておくと、
まずは、EPOSカードを持っておく
航空券等の支払いは海外旅行保険に対応したクレジットカードでする。別のカードでOK。

スポンサーリンク

EPOSカードを持っておくべき理由

EPOSカードは、数少ない、年会費無料、登録料無料で、海外旅行保険が自動付帯になっているカードです。

自動付帯とは、
そのカードを持っているだけで、旅行の支払いに使っていなくても、保険の適用を受けられるものです。

もうこれだけで、持っておく理由になります。

補償内容
保険の種類 保険金額
傷害死亡・後遺障害 最高500万円
傷害治療費用 200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用 270万円(1疾病の限度額)
賠償責任(免責なし) 2000万円(1事故の限度額)
救援者費用 100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害(免責3,000円) 20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

※EPOSカードHPより抜粋 2019年8月30日時点

疾病、障害治療等は、日本国内の健康保険が使えないので、かなり高額になります。保険がないとかなり困ると思うので入っておきましょう。

そして、【エポスカード】は、かなり低い基準で、ゴールドカードになることができ、これまた年会費が無料。

ゴールドカードと海外遠征の相性の良いところは、ラウンジが利用できる点。
EPOSのゴールドカードで利用できるラウンジは、限られますが、国内空港はかなりのカバー率です。そして海外は韓国、ハワイで使えます。

カード発行は、即日とはいきませんので、時間のある内に発行しておきましょう。

エポスカード 発行申し込みページエポスカード 発行申し込みページ

 

他のクレジットカードも持っておく

他に、使っているクレジットカードがあれば、そのカードで航空券等を買いましょう。当日のタクシーの支払いでもOKです。

なぜ、エポスカードでなくて、他のカードかというと、保険金の支払いが、エポスカードの保険と合算されるためです。もしエポスカード一枚だと、保険金額が足りない場合は自腹になっていますが、他のカードに海外旅行保険が使えれば、合算することが出来ます。

大体のカードが、海外旅行保険については、利用付帯となっているので、旅行に関係する交通機関の支払いにそのカードを利用する必要があります。

コメント