【疲労回復にストレッチロールS】振動するストレッチポール 新旧 他社比較

スポンサーリンク
トレーニング

特に現役競技ダンサーは、体を酷使していることが多く、メンテナンスも非常に重要だと思います。

私も限られた時間で以下に、体をリセットして、レッスンや競技、練習のパフォーマンスを高めるかを考えてきました。
このサイトでは、その中でも特に有効だったものを紹介してゆこうと思っています。

今回は、1年ほど前に購入して、仕事場(教室)に常備しているストレッチロールの新製品が出たのでご紹介します。

スポンサーリンク

ストレッチロールSについて

ブルブル振動する短いストレッチポールです。振動することで筋肉の緊張を和らげて、マッサージ効果や筋トレの効果アップを図ります。

このストレッチポールは、充電することで、一秒間に2,000〜4,000回の振動をします。
通常のストレッチポールと同じように、固まっている筋肉の下に置いて体重をかけることで、振動が筋肉に伝わります。

今流行りの筋膜リリース効果もある感じがして、筋肉が緩んでゆく実感がありました。
通常の振動しないストレッチポールだと、体重をかけながらゴロゴロと何往復もするところを、筋肉の気になる部分を乗せるだけですみますし、より積極的に筋肉に働きかけてくれるように思います。

ストレッチロールの外観とサイズ

ストレッチロールSの外観、サイズ、電源等

外観は、黒、赤、青の三色

ストレッチロールSのサイズ

サイズは、普通のストレッチーポールより、ほんの数センチ位大きい直径に、長さは半分くらいです。
直径 15センチ 長さ31センチです。初代ストレッチロール SR-001と同じ大きさ。

電源

コンセントから充電して、かなり長く使えますが、海外に持っていくとなると気になる電源の電圧。

これは、しっかり海外対応100〜240Vなので、イタリアやイギリス、中国、アメリカなどの電圧に対応しています。もちろんコンセントの形状を変更するアダプタは必要です。

 

購入先 お得な買い方は?

ほぼ全ての通販で売ってますが、2019年4月現在品薄のため予約受付中

新しいタイプのSR-002は、定価が19,000円。値段を釣り上げているお店もあるので、気をつけましょう。

私の持っている旧タイプSR-001は、定価18,000円でしたが、楽天市場では殆ど売り切れ、Yahoo!Shoppingでは、価格が高騰していますがまだ在庫があるようです。

どうしてもすぐに手元にほしいということでなければ、あえて旧タイプを買う必要はないと思います。
※旧タイプ使用者としては、新タイプは改善版という印象です。

新タイプSR-002

2019年4月現在どこも品薄のようです。

 旧タイプ(初代) SR-001

2019年4月現在アマゾンが比較的安く(定価)で購入できるようです。

新旧タイプの比較

サイズ、基本性能は一緒ですが、何点か改良されています。

凸凹の形状が多様に
初代SR-001がシンプルな波型だったのに対して、第2世代SR-002では、当てる箇所によって色々な形状を選べるようになりました。
電源オフまでのボタン操作の改善
初代SR-001は、ボタンを押すたびに、強さが1、2、3、4と上ってゆき、4の次がオフでしたが、第2世代SR-002では、強弱と、電源ボタンが分かれて操作できるようになりました。
振動数の改善
4段階は変わりませんが、ゆっくりモードは、よりゆっくりに、速いモードはもっと速くなりました。

初代SR-001
レベル1:2,300回/分
レベル2:2,700回/分
レベル3:3,100回/分
レベル4:3,700回/分

第2世代SR-002
レベル1 : 2,100回/分(-200)
レベル2 : 3,000回/分(+300)
レベル3 : 3,500回/分(+400)
レベル4 : 4,000回/分(+300)

・電池の持ちと、充電時間は、変わりありません。
充電時間3時間半、使用時間50分〜180分(モードによる)
・重量は、若干重くなりました。
746g⇢870g

振動の効果

ジムなどにある、100万円位する振動プレートに近い効果が得られて、ストレッチポールと同じような使い方もできます。

振動することで、振動を与えている部分が力まなかったり、固まっている部分を緩めてくれます。

簡単に想像するならば、手のひらを足などに押し当てて、ブルブル小刻みに揺らした感じ。これの数百倍と考えて良いと思います。

私自身は、非常に高い効果を感じますし、普通のストレッチポール代わりにもなります。

以下の2つは30万円、100万円以上するジムなどに置いてある機器です。

 

低価格の模倣品との違い

格安な模造品も出回っており、友人が購入し、試してみましたが、振動が体の奥に伝わってる量に違いがあるように思います。振動させる方法なのか、振動数なのか、理由はわかりません。
ただ、数人が試してみて、効果が違うことを実感できるレベルでした。

模造品は、概ね1万円以下で入手できるので、割安感は高いと思います。

コメント