Apple Watch Series4 活用法 音楽編 ダンサー目線で

Apple Watch
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

待望のApple Watch Series4が届き大変満足しています。
apple-watch-og-hero-201809.jpeg
さて、
今回ご紹介するのは、ダンサーのためのApple Watch活用法。
Apple Watchでは、Apple Watch内に保存した曲を再生したり、
iPhone内の曲を再生することもできます。

●外部スピーカーとの接続

直接Apple WatchからBluetoothスピーカーに繋げることもできます。
Bluetoothスピーカーがない場合でも、iPhoneをオーディオ機器に繋げていれば、iPhoneをApple Watchから操作することができます。

●Air Podsでの再生

Apple Watchから直接、もしくはiPhoneに繋げたAir Podsで音楽を再生することができます。
社交ダンスなど、ペアでダンスをするときなどは、これがとても便利!
Air Podsの右と左のイヤホンをそれぞれに渡して、Apple Watchから再生
オーディオ機器のそばまで行くことなく、手元のスタート、ストップ、曲の変更ができます。
※残念ながら2018年10月19日現在、曲の早送り、巻き戻しはできません。

●編集した曲の再生

Apple Watchでは、iPhoneのMusicアプリに登録されたものしか再生することができません。

Apple Watchに対応したミュージックアプリが今のところないようです。
ということで、編集したり、自作した曲は、
パソコンでiTunesに取り込み、
iCloudミュージックライブラリにアップロードし、
プレイリストに登録する必要があります。

もし、Apple Watchに取り込みたいのであれば、iPhoneのApple WatchアプリのMusicから該当するプレイリストを選択する必要があります。
また、Apple Watchの同期は、Apple Watchが充電ケーブルに接続された状態でする必要があります。
※iCloudミュージックライブラリへのアップロードは、まず、音楽ファイルをiTunesに取り込み、iTunesのファイルメニューからライブラリ>iCloudミュージックライブラリの同期をクリックする必要があります。
この作業が終わるとプレイリストへの追加ができます。

ボイスレコーダーアプリを利用する裏技

Apple Watchで録音できるアプリ ボイスレコーダー バックグランド動作可能なアプリを4選レビュー
...

このアプリを使うことで、Dropbox等に保存した音楽ファイルを、MacやPCを経由せず、iPhoneとApple Watchだけで同期することが出来ます。

 
https://itxdancer.com/tech/charger-apple_watch_series4-iphone-airpods/

 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました