Apple Music解約後のプレリストはどうなる? 要注意!

Mac
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

長らくAppleMusicを使ってきて、プレイリストに沢山の曲を登録している方も多いと思います。

AppleMusicは月額1,480円、もしくは年額9,800円で音楽が聴き放題になるApple公式のアプリです。
ここ最近は、SpotifyやAmazon Music、Google Playミュージック、LINEミュージックなど沢山のサブスクリプション型(月契約型)の音楽ストリーミングサービスが増えています。

AppleMusicに思うところがあった私は、Spotifyへの乗り換えを行うべく、AppleMusicの契約を解除しました。

AppleMusicに保存していたプレイリストが消えることはないだろうと、タカを括っていましたが、甘かったです。
見事に消えました。

 

AppleMusicを解約するとプレイリストは消えます。

なんと無慈悲なんでしょう。北朝鮮のようです。。
解約したわけだから、聞けるとは思っていませんが、まさか消えるとは思っていませんでした。

「解約してもプレイリストは残っていて、再生しようとしたらiTunesに飛ばされて30秒位だけしか聞けなくなる。」
そう淡い期待を抱いていましたが、Appleは無慈悲でした。

解約して数週間が立ち、久しぶりにAppleMusicを開き、プレイリストを見ると、

「プレリストをお探しですか?」
「新規プレイリスト」

一瞬意味がわからず、何かの不都合がと思って、Apple IDにログインできるのか調べようとしたくらいでした。。

状況がつかめて、すぐに調べました。
プレイリストを回復する方法

 

解約後1ヶ月以内は、プレイストを回復する方法

解約して1ヶ月以内であれば、プレイリストを復活させてくれます。
もちろん、再契約が必要です。
私は残り6日。
もう人質を取られて判断を迫られている状態だったので、再契約しました。

そこで1ヶ月1,480円を払うか1年9,800円を払うか。
仕事上どうしても必要なので、1年にしました。

プレイリスト復活までの手順
設定の一番上から、AppleIDのページを開き、サブスクリプションの項目から、Apple Musicメンバーシップ。
ここからであれば、1年契約を選ばせて頂くことが出来ます。
あとは支払いあるのみです。

Appleに勝てないと悟った瞬間です。。

 

Apple Musicを解約した理由

自分の趣味合う音楽を提示してくれそうな、【For You】のタブが全然役に立たない。。

そうなると次に開くことになる、【見つける】のタブ。
これが全く自分の興味ない音楽のオンパレード。

これでガッカリ感倍増。

AIの精度、聴いてる音楽の解析を進めて頂いて、個人情報を吸い上げて頂いて良いので、どんどん好きそうな音楽で聴いたことのない曲を提案して下さい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました