Apple Watch カレンダーが一部同期されないときの解決法 4つ

Apple Watch
この記事は約2分で読めます。
SP link

Apple Watch非常に、便利でカレンダー機能も毎日使っているのですが、ここ数週間、一部の予定が同期されずに困っていました。

 

色々調べた結果、解決できたので、問題の解消法を書いておきます。

カレンダーの状態としては、繰り返しのもの、そうでないものと、同期されるもの、されないものに、明確な共通項は見つからず、一部だけが欠落していました。

SP link

Apple Watch カレンダー同期問題の解決法4つ

解決法1.

iPhoneのカレンダーアプリの起動と終了

 

解決法2.

Apple WatchとiPhoneの再起動

 

解決法3.

iPhoneに入っているApple Watchアプリ>マイウォッチ>カレンダー>カレンダーから、目的のカレンダーにチェックが入っているか確認

 

解決法4.

Apple WatchとiPhoneのペアリングを解除、そして再度ペアリング
私はこれで解決しました。

 

Apple Watchのペアリング解除方法

この作業をすると、一度Apple Watchの内容をiPhoneに保存し、Apple Watchが初期化されます。

あとは再ペアリング(Apple Watchの画面に表示される特殊QRコードをiPhoneカメラでスキャン)し、バックアップから復元を選ぶことで完了します。

実作業時間10〜30分程度かかります。

 

厳選 Apple Watch Series 4対応 充電スタンド & iPhone 無線充電もセット。
Apple Watch Series4を発売日に予約、購入して、いくつかの充電ケーブル、充電スタンドを使ってみてわかったことは、Apple Watchは、Series4になって充電の仕様が変わっているということ。 Series3までのApple Watchが充電できてもSeries4は充電できない。ということは十分あります。非純正のAppleWatch 充電器が、AppleWatch serie...

 

最新Apple Watch

Apple Watch SE 最新格安モデル3万円前後

省かれている機能は、常時点灯、血中参加、心拍センサー、 GPSモデルとセルラーモデルは、5,000円程の価格差。 Suicaももちろん使えます! 画面サイズ、心拍機能、防水性能あたりは、Apple Watch Series6と共通。

Apple Watch Series6 2020年最新フラグシップ 4万円台〜

血中酸素濃度が計測できるようになり、チップの性能が20%向上、カラーバリエーションが増えてます。

Apple Watch Series3

Suicaが使えて、常時点灯がなくても良いということであれば、2万円で購入できます。
タイトルとURLをコピーしました