Apple Watch 初期化の方法

Apple Watch
この記事は約2分で読めます。

Apple Watchを初期化する方法をご紹介したいと思います。

私の場合は、iPhoneの標準カレンダー経由で、同期させていたGoogleカレンダーが不安定になってきたため、初期化することにしました。
初期化することで、同期の問題は改善されました。

初期化は、
iPhoneにある、Apple Watchアプリから、Apple Watchとのペアリングを解除することで行います。

その後、再ペアリングすることで、情報はほぼ復元されます。
私の場合はアプリや写真も同期していたので、復元に30分ほどかかりました。※Apple WatchはSeries4、iPhoneはXです。

Apple Watch初期化の手順

1.Apple WatchアプリをiPhoneから開きます。

 

2.マイウォッチから自分のApple Watchをクリック

 

3.Apple Watchのプロパティー(iマーク)をクリック

 

4.「Apple Watchとのペアリングを解除」をクリック

 

再ペアリングにより復元されなかった項目

・クレジットカード
・Pontaポイントカード
それぞれ再設定しました。
Pontaポイントカードは、PontaのiPhone側のアプリの再インストールも必要になりました。(Apple Watchへのアプリインストールが、そのままでは出来なかったため)

Suica入場記録は消えなかった。

私は、当初ペアリングの解除だけするつもりで、電車の中で安易に作業を始めてしまいました。
そのため改札の中で復元が完了するのを待つのはめになりましたが、復元後ちゃんとSuicaが機能してそのまま出場できました。すごいですね。

作業は、時間に余裕があるときにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました