Apple Watchで録音できるアプリ ボイスレコーダー バックグランド動作可能なアプリを4選レビュー

Apple Watch
この記事は約9分で読めます。

Apple Watchで録音できるアプリはたくさんありますが、私が使っていた2つのアプリは、画面が消えてしまったり、別のアプリを開くと録音が止まってしまうものでした。

実際ボイスレコーダーとして使用するには、常に録音を続けてほしいものです。
ということで、バックグランドで動作して、Apple Watchでも使えるアプリを探してみました。

Apple Watchでバックグラウンド録音可能なアプリ

無料で使えるものを選んであります。

ただし、録音数に上限があったり、トリミング等の作業をするときに広告が表示されたりします。

このあたりは、アプリ開発にもコストがかかるので、使ってみて、広告を削除したいとか、アプリの中に保存する数を増やしたい等のときは、課金しましょう。

録音上限数は、録音したものを共有(or エクスポート)することで、アプリ内の録音ファイル数を抑えることが出来るので、課金しなくても使って行けると思います。

私は、最初にご紹介するAurora Recorderを使ってみようと思いますが、他のアプリも甲乙つけがたいので、是非検討してみてください。

Aurora Recorder 完全無料

‎Aurora Recorder
‎Apple Watch用に設計されたオーディオ録音アプリ、Aurora Recorderのご紹介。 機能: • ワンタップ録音:ウォッチフェイスでアプリのコンプリケーションをタップすると、すぐに録音が開始されます • Apple Watchでのバックグラウンド録音 • ダイヤルの録音状態を確認する • Apple ...

メニューやインターフェイスは、英語表記ですが、ファイル名に日本語は使えます。

必要十分な機能があり、完全無料。

凄くシンプル。トリミング等は別アプリを使いましょう。

iPhone単体では録音ができず、録音はApple Watchで行う必要があります。

完全無料
シンプル
エクスポート 共有、名前の変更等の必要最低限の機能は完備。
トリミング、A-Bリピートはできない。
iPhoneからは録音できない。

Apple Watchでの画面表示 /Aurora Recorder

Aurora Recorderを開いたとき

こちらも非常にシンプル。赤丸の部分を押すと録音開始です。押すと録音開始、もう一度押すと録音ストップ。しっかりとTap to record録音開始、Tap to stop record録音停止と表示されるので、わかりやすいです。

一つ前のシンプルボイスレコーダーにあった、録音の一時停止といった機能はないようです。

録音ファイル一覧

再生 iPhoneへ送信 削除のメニュー

iPhone上の画面表示 /Aurora Recorder

iPhoneの画面上ではRecorderと表示されます。

アプリを開くと録音ファイル一覧画面

iPhoneアプリ上で録音はできません。録音はApple Watchからのみのようです。

ファイルを選択するとメニューが表示

Rename 録音ファイルの名前変更

Share 他のアプリへエクスポートしたり、Line等のメッセンジャーアプリで送信できます。

Play 再生です。

Delete 録音ファイルの削除 ゴミ箱に行くのではなく、文字通り削除され、復元できない旨の確認メッセージが表示されます。

シンプルボイスレコーダー

‎ボイスレコーダー & ボイスメモ - 録音アプリ
‎一切手間なく録音アプリ。 ボイスレコーダーを使い、音声を簡単に録音できます。 インタビュー、会議、授業、音楽、言語学習などを録音するためのオーディオアプリ!シンプルなインターフェースの背後には、トリミング、ミックス、ピッチ調整、再生速度の変更、ノイズキャンセル、フィードバック、消音除去、文字起こしなどのプロなオーディ...

iPhone上では”レコーダー”と表示されます。

今回試した中では、一番作り込まれていて、便利と思いました。気になったのはいざ有料版を買おうと思ったとき、買い取り型ではなく月額を払う必要があること。。

ただ無料プランでもファイル数制限は、パッと見なさそうですし、トリミング等をしなければ広告を見る必要もないので、使ってみてよいかと思います。

 

日本語完全対応
iPhone、Apple Watch 双方で録音開始できる。
トリミング機能
A-Bリピート機能
速度のアップダウン再生ができる。
共有 エクスポートが出来る
無料でも十分使えるが、いざ有料にしようと思うと、月額制。。
でも広告を見れば回避できる位なので、気にしない人は大丈夫。

 

Apple Watchでの画面表示 /シンプルボイスレコーダー

起動時の画面

非常にわかりやすいインターフェイスです。

パット見でわかりますね。iPhoneに保存するのか、Apple Watchに保存するのか。
録音したファイルの一覧。そして録音開始、録音一時停止、録音停止ができます。

録音後の画面

こちらも非常にわかりやすい画面です。日本語対応なのも良いですね。

もう説明を加える必要もないですが、再生、録音したファイルの名前変更、Apple Watchに録音した場合はiPhoneに送信することができます。

ちなみに、Apple Watch単体で、録音データを聞くことができます。電話をするときと同じように、AirPodsなどを繋げなくても、Apple Watch本体のスピーカーから音が出ます。

iPhone上の画面表示 /シンプルボイスレコーダー

iPhoneで”シンプルボイスレコーダー”を開いたときの画面。

iPhone上では、”レコーダー”というアイコンで表示されます。

画面は、凄くシンプル、真ん中のマイクを押せば、録音が始まります。iPhoneでもApple Watchでも同じアプリでボイスレコーダーが使えれば、ファイルの一元管理ができて便利かもしれません。

録音ファイル一覧画面

Apple Watchで録音したファイルをiPhoneに転送したり、iPhoneに直接録音したものは、ここに一覧表示されます。

画面下部にはトリミングや、指定区間をリピートできるA-Bリピート。AirPlayボタン、トリミングボタン、シェアボタンなどが並び、至れり尽くせりの充実機能です。

トリミングの操作もわかりやすい。

 

FastRecorder audio recording

‎FastRecorder audio recording
‎FastRecorder-ボイスメモ、オンサイトサウンド、およびあなたの周りのすべてを録音するための高度でシンプルな機能を備えたオーディオレコーダーアプリケーションです。中心的な部分は、FastRecorderがApple Watchでサポートされており、カスタマイズされた文字盤から直接呼び出すことができるということ...

こちらも高機能で、デザイン性も良いと思います。

10件以下は無料で使えますが、録音ファイル数毎に課金する必要がありますが良心的なプライスです。

20件まで120円、50件までで機能拡張され360円、録音数無制限でフル機能で600円です。

面白い機能としては、ジオタグに対応しており、録音した場所をファイルの詳細画面で地図表示してくれます。場所、地理的データと録音データにこだわりがある方は有用と思います。

私は、まだ課金していないので、ざっくり紹介させて頂きます。

 

デザイン性が高い
課金するとトリミング等も可能に
ジオタグ対応(無料版でも自動で付加される 変更は有料)
無料で使えるのは録音ファイル数10件まで。
課金といっても120円 360円 フル機能600円なので良心的
ジオタグの変更には360円以上のプラン契約が必要
トリミングは600円のプランのみ。
Apple Watchでの再生は、最後に録音したデータのみ。
英語版

Apple Watchでの画面表示 /FastRecorder audio recording

iPhone上の画面表示 /FastRecorder audio recording

録音ファイル一覧画面

メニューの出し方は、先程の一覧画面上で、ファイルを右へスワイプします。
ちなみに左にスワイプすると

Secret Dictaphone Recorder

‎Secret Dictaphone Recorder
‎High quality voice recorder. Features: - Record secretly - Speech to text voice transcription - High quality, noise-free recording - iCloud sync with Mac -...

こちらは、Apple Watch、iPhone双方で録音をすることができます。

が、エクスポートができず、再生についても、通常の再生しかできないため、あえて他の2つのアプリがあるなか選ぶことはないかと思います。

また無料版では、録音ファイル数に上限があります。無制限でも360円なので良心的なプライスではあります。

アップルに送信して、録音ファイルからテキストにおこす機能があり、これはちょっと面白いかも。

 

厳選 Apple Watch Series 4対応 充電スタンド & iPhone 無線充電もセット。
Apple Watch Series4を発売日に予約、購入して、いくつかの充電ケーブル、充電スタンドを使ってみてわかったことは、Apple Watchは、Series4になって充電の仕様が変わっているということ。 Series3までのApple Watchが充電できてもSeries4は充電できない...

 

アップル製品を安く買う方法

2020年5月書き直しました。

Apple製品を安く購入する方法 お得な方法徹底分析!
なかなか値崩れしないアップル製品ですが、いくつかお得に購入する方法があります。 新品のアップル製品をお得に購入する方法 Amazonギフト券を、購入後、チャージ金額で支払う。 Amazonギフト券は、金額を指定して購入することも出来ます。 購入にはクレジットカードも使えますが、Amazo...

最新Apple Watch

Apple Watch SE 最新格安モデル3万円前後 省かれている機能は、常時点灯、血中参加、心拍センサー、 GPSモデルとセルラーモデルは、5,000円程の価格差。 Suicaももちろん使えます! 画面サイズ、心拍機能、防水性能あたりは、Apple Watch Series6と共通。 Apple Watch Series6 2020年最新フラグシップ 4万円台〜 血中酸素濃度が計測できるようになり、チップの性能が20%向上、カラーバリエーションが増えてます。 Apple Watch Series3 Suicaが使えて、常時点灯がなくても良いということであれば、2万円で購入できます。
タイトルとURLをコピーしました