キャリア別 対応バンド 楽天モバイル ドコモ au ソフトバンク 4G 5G

この記事は約13分で読めます。

 

キャリア別の仕様周波数一覧です。

SIMフリーのスマートフォンを購入する際に、チェックするため作りました。
スマートフォンごとに、対応する周波数が違うので注意しましょう。

4G回線

プラチナバンドについて、
※印が、プラチナバンドと呼ばれる700〜900MHzです。
プラチナバンドは、周波数が低く電波電波が回り込みやすいため、屋内や山間部でも繋がりやすい特性があり、既に大手3社に割り当て済み。楽天モバイルは再編を訴えている。

ドコモ au ソフトバンク 楽天モバイル
B1
B3
B6※
B8
B11
B18
B19※
B21
B26
B28※
B41
B42

 

5G回線 ミリ波

ミリ波は、周波数帯が高く、超高速、超低遅延、同時接続数において、大きく技術進歩している。
しかし、電波の到達性がわるく、設置コストも掛かるため普及に時間がかかっている。

5G ドコモ au ソフトバンク 楽天モバイル
n257 27.00〜27.40GHz
n257 27.40〜27.80GHz
n257 27.80〜28.20GHz
n257 29.10〜29.50GHz

 

5G sub6

sub6は、低コスト、良好な電波の到達距離により、比較的に普及しているものの、通信速度や同時接続数がミリ波に大きく劣る。

ドコモ au ソフトバンク 楽天モバイル
n77 3.7〜3.8GHz
n77 3.8〜3.9GHz
n77 3.9〜4.0GHz
n77 4.0〜4.1GHz
n78 3.6〜3.7GHz
n78 3.3〜3.8GHz
n79 4.5〜4.6GHz

選ぶポイント

B1は、楽天モバイル以外の3社が対応しており、エリアが広い。

B3は、東京、名古屋、大阪で使用されている高速通信可能

地下や山間部、屋内を、重視するなら、プラチナバンド対応のB6,19,28。

本当に速い5Gを使いたければ、ミリ波対応のスマホを購入すべき。

3万円台から購入可能な5Gスマホ

おまけ

SIM
意外と知られていない便利技
タイトルとURLをコピーしました