【ClubHouse】今大流行している理由 ここが凄い

インターネット・ブラウザ
この記事は約15分で読めます。
SP link

まだ、一部かもしれませんが、大流行しているClubHouse使ってみないと分からないと思うので、使ってみて分かった凄いところをまとめました。

 

SP link

ClubHouseって何?

簡単に言うと、TwitterのようなSNSが音声になった、アメリカ発のサービス。
ClubHouse経営者は40代になってスタートしたサービス

  • 知り合い同士がRoomで話していて、これが公開されいている。
  • 話している人から招待されることで会話に参加参加できる。
    ※招待されない限りは、会話に参加できず、視聴のみが可能。
  • フォロワー フォローしている人の一覧、現在Roomで話している人、聞いている人の一覧も表示されている。
  • 全てがリアルタイムで、録音はない。
  • 音声のみでテキストや、”いいね”などのリアクションもない。

ClubHouseのここが凄い

  • 2020年1月現在、early apapter層がどんどん流入している。
    著名人やタレント、インフルエンサーも沢山参入。
  • SNSやYoutubeで活躍している人の生の声も聞ける。
    かなりリアルでタイムリーな話題も沢山あります。
  • 居酒屋で話しているような感覚で、ゆるく話が展開する。
    台本があるわけではないので、リアルな会話が聞ける。
  • 音声のみなので、参加のハードルが低い。
    話す側に回る場合も、身だしなみを整えずとも参加できる。
    聞く側は、ラジオを聞くようなスタンスで、流し聞きが出来る。
  • 話す側が聞いている人を指名して、会話に参加してもらうことで、知り合いの輪が広がる。
  • 聞いている人が会話の輪に入る意思表示が出来、今まで話したことのなかった人と繋がれる。
  • 評価、コメントがないので、アンチや誹謗中傷が生まれにくい
  • リアルタイムで、録音等のアーカイブが残らないので、気軽に話せる。
    ※iPhoneの画面収録もシステムで拒否されます。
  • プロフィール欄に、Twitter、Instagramのリンクを貼れるので、その人の人となりが知れる。
  • フォローする人がRoomを開いた、参加した場合の通知頻度をsometimes,always,noneと選ぶことが出来る。
  • 参加するには招待が必要で、招待数も2名までに限定されているため、特別感がある。

ClubHouseと対峙しそうなサービス

Youtube:聞き流しで見ているユーザーは、ClubHouseで十分。かつ耳だけなので聞き流しに向いている。話が続いてゆくのでClubHouseに流れてゆく。

 

私が参加したRoom

みんなが営利ではなく、興味を持ってClubHouseを使い始めている状態で、面白いという感情が表に出ているように思います。
業界の深い情報や、生の情報から、恋話だったりの雑談など、本当に多種多様なRoomがClubHouse内に溢れています。

ClubeHouseに参加するためには、

すでにClubHouseを利用している人からの招待が必要です。

電話番号をClubHouseに登録し、その電話番号へ招待を送る必要があります。
2020年1月現在、招待可能な人数は2人まで。

相性抜群の無線イヤホン

聞き流すという前提からすると、家ならスピーカーにしておくのも良いけれど、外出先でも使える無線イヤホンが超便利。

AirPods Proは、文句なしに良い。でもお値段が高い。

AirPods以前使ってましたが、AirPods Proにしたら、音質、ノイズキャンセリングの凄さに驚きました。

Anker Life A2 NC愛用していたAirPods Proを紛失し、買い替えたのがこれ! 今到着待ち。

VAVA社のMOOV、昔使っていたもので結構便利。
ちょうど今、AirPods Proをなくし、Life A2NCが届くまでのつなぎでまた使っていますが、結構便利。
スイッチオンですぐにペアリング完了します。
当たり前ですが、スイッチを入れないといけないのと、両方の耳がつながっています。

タイトルとURLをコピーしました