GA4の必要性 Web解析ツールに機械学習がマストになる理由

GA4
この記事は約2分で読めます。

GA4(Googe Analytics4プロパティ)が発表され、今必死に勉強しているところです。

何やら凄いらしいけれど、イマイチ価値が掴みきれてない。
掴みきれていないものの一つ、機械学習、AIの活用。

「GA4は、機械学習を取り入れた」というニュースを見て、時代の流れに沿ってきたんだなとは思えるものの、自分のWebサイトで、どう活用できるのかハッキリしないと思っていました。

決定的にGA4導入が必要だと思ったポイント

従来型のアクセス解析は機能しなくなる

GA4を導入が絶対必要だと思ったポイントは、GDPRなどプライバシー保護の強化の流れで、今後従来型のアクセス解析が機能しなくなるというもの。
具体的には、クッキーが使えなくなってゆくことで、アクセス解析ができなくなってゆくというもの。これは、Webサイトのhttps化によりリファラーが取れなくなり、検索キーワードや参照元ページを負えなくなったことと同じ、いやそれ以上のインパクトを感じました。

GA4は、機械学習を用いて、取れなくなったデータを予測補完してゆくことで、解析を実現する機能を持っています。
機械学習の仕組みは公開されていないようですが、ここには希望を感じますね。

さらに、機械学習を通して、コンバージョンの未来予測なども提供してくれるようです。

早く導入しておいたほうが良い理由

GA4導入方法を解説した記事でも紹介しましたが、現在GA4アップグレードしたときからのデータを表示します。
つまり、GA4上で過去のデータと比較したいと思っても、アップグレード後のデータとしか比較できません。

それでも、使えるか心配な人に朗報なのは、アップデートしても旧Googleアナリティクスのデータもこれまで通り見られるということ。
GA4はプロパティとして動作します。
つまりソフトウェアのバージョンアップではなく、今までのGoogleアナリティクスのプロパティと並列で、GA4のプロパティが作られるので、別の見え方を提供してくれるだけです。

アップデートしない理由はないと思います。

アップデートの方法は、こちらの記事で紹介しています。

超簡単 初心者向け Google Analytics4(GA4)へのアップデート
Google Analyticsがメジャーバージョンアップし、GA4になった! Google Analytics 4が発表され、Webマーケターの方々は期待と不安でいっぱいだと思います。 個人でサイトを運用している方も、どうしようか迷っている方がいるのではないでしょうか? 正式名称は、Google アナリティクス プロパティ4。 正式リリースは、2020年10月。 GA4と旧バージョ...
GA4
意外と知られていない便利技
タイトルとURLをコピーしました