超簡単 初心者向け Google Analytics4(GA4)へのアップデート

インターネット・ブラウザ
この記事は約3分で読めます。

Google Analyticsがメジャーバージョンアップし、GA4になった!

Google Analytics 4が発表され、Webマーケターの方々は期待と不安でいっぱいだと思います。
個人でサイトを運用している方も、どうしようか迷っている方がいるのではないでしょうか?

正式名称は、Google アナリティクス プロパティ4。
正式リリースは、2020年10月。

GA4と旧バージョンの違い

旧Google Analyticsの限界

  • 今までアクセス解析はページ単位で計測されていたものの、Twitterなどスクロールで次々ページが読み込まれるもの、アプリなど、そもそもページの概念が存在しないことが増えてきた。
  • 同じページビューでも、ページを開いただけと、最後までスクロールしたものでは、意味合いが違う。

などなど、これまで課題とされてきたことを解決すべく、生まれたアクセス解析です。

移行しても旧バージョンも使える!

「バージョンアップして使えなかったらどうしよう。」そんな心配はありません。

バージョンアップすると、別のプロパティが作成し、今までのプロパティも見ることが出来ます。

Google Analyticsのプロパティとは、
複数サイトを運営している人はご存知でしょうが、Google Analyiticsはアカウント毎にプロパティとしてサイトを管理しています。
A,B,Cのサイトを運営していれば、それぞれ別アカウントとして、アカウント内に1つずつのプロパティを作って運用することもできますが、同じアカウント内でプロパティをA,B,Cの3つに分けて3サイト運用することも出来るようになっています。
GA4に移行した場合は、これまでのプロパティーはそのまま残り、新しいプロパティが作られます。
先の例の、同一アカウントにA,B,Cの3サイトを管理している場合は、A,A’,B,Cと、アップグレードしたサイトのプロパティがA’のように作成されます。
※旧バージョンのGoogle AnalyicsがUAから始まる数字だったのが、数字のみのプロパティIDとして管理されます。

 

GA4は、プロパティを作ったところからデータの蓄積が始まる。
旧データが、GA4の画面上で見れるわけじゃない。
➔ すぐにでも設定しておくべき。

GA4への移行方法は、超簡単。

Google Analytics画面、左下の管理ボタンから、アカウント一覧>プロパティを表示

 

 

1.プロパティーの中からGA4 setup Asistant(GA4へのアップグレード)をクリック

この画面上では英語表記になっていますが、日本語で表示される場合はこのように表示されます。

2.新しいGoogleアナリティクスプロパティの作成

チェックを入れて、プロパティを作成
※サイトで gtag.js タグを使用している場合は、チェックボックスが有効化されます。(詳細はこちら

3.Finish!
接続済みと表示されていますか?

タイトルとURLをコピーしました