【Apple Watchのメモアプリ】Google keep 決定版 操作法 画面 出来ること

Mac
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

Apple Watchでも、ついに非常に使い勝手の良いメモアプリがでました。
それもGoogleから。
かなりバージョンアップを重ねてきたGoogle Keepなので、使い勝手も間違いなし。

アップルウォッチ、iPhone双方で音声入力に対応しています。

Google Keep Apple Watchでの表示例

Apple Watch アプリ一覧画面のでアイコン凄くシンプル。

思い出した!ライト点灯!みたいな感じなのでしょうか?

一見メモアプリには見えないような。。。

 

Google Keepアプリを起動させたところ

凄くシンプルです。タイトルと本文の始め。※画像の1つ目。

もしくはタイトルを入れていないときは本文の最初が表示されるようです。※画像の2つ目

各メモをタッチすると、当然詳細も表示されます。

 

記事の固定とアーカイブの操作方法

Apple Watch定番の操作方法 押し込んでメニューを表示

各記事上で画面を押し込むとメニュー 固定とアーカイブが表示されます。

アーカイブは、書庫に保存という意味なので、一覧から表示されなくなります。

言い換えれば実行済みで、表の一覧から消えるということです。

 

記事の固定をしてみたところ。

沢山のメモがあってもトップに表示されるということ

 

Apple WatchでGoogle Keepにメモを入力する方法

メモ一覧画面の画面で、画面を押し込むと”テキストメモ”と表示されます。

さらに”テキストメモ”をタッチすると。マイクのアイコン(音声入力)とアイコンマークが表示されます。

音声入力だけで良いような気もしますが、アイコンの方にはバスや車、果物など沢山のアイコンがあるので、声が出せないところで入力した場合は使えるかもしれません。

 

何故 Appleが純正のメモアプリをApple Watchに搭載しないのか疑問ですが、Googleから非常に良いメモアプリが出ましたので、紹介させて頂きました。

 

最後にちょっと残念なところ

Googleアシスタントと連携していない

我が家では、Google Homeが大活躍しているのですが、これとGoolge Keepが連携できません。

Google Homeで、メモを取りたいときなどは、「○○をショッピングリストに追加して」と話しかけて、Goolgeのショッピングリストに入れていますが、ショッピングリストとGoogle Keepは連動して言いません。

また、「〇〇をGoogleキープにメモして」と言ってみたものの、「検索してみますね。」との残念な返答。。

Google Homeとの連携はこれからに期待です。

コメント