【Googleスプレッドシート】行 列の追加をさせない 幅を固定する方法

GoogleSpreadsheet-列の幅、行の高さを固定 インターネット・ブラウザ
この記事は約2分で読めます。

Googleスプレッドシートで、行の高さや列の幅変更、移動を防ぐ方法はないのかな?
列の移動も防ぎたい。

Googleスプレッドシートのシートの保護機能をカスタマイズすると、行や列の変更を負荷にすることができるよ。

Googleスプレッドシート、行、列の保護

直接、行と列を保護することはできませんが、逆にシート全体を保護して、特定範囲のセルのみを保護の対象外とすることで、結果的に行や列を保護することができます。

設定方法

 

1.ユーザーに入力を許可する範囲を選択します。
※あとから、範囲を追加することも可能なので、まずは一つ範囲選択します。
2.Googleスプレッドシートのメニューから、”データ”>”保護されたシートと範囲”をクリック
3.表示されるメニューから、”シート”タブをひらき、”特定のセルを除く”をチェックし、入力や変更を許可する範囲を入力します。
複数の範囲を設定したい場合は、下の”別の範囲を追加”から追加できます。
指定したあとは、”権限を設定”をクリック。
Googleスプレッドシート シートの保護 除外セル

4.設定した範囲以外の編集(列や行の変更)が出来るユーザーを指定します。
シートを共有していることを前提にしています。
”この範囲を編集できるユーザーを制限する”で、”自分のみ”を選択した場合は、ご自身のGoogleアカウントでログインしている限りは、編集ができるということになるので、同じアカウントで複数の人が使っている場合は、別のアカウントを選んでください。
Googleスプレッドシート 範囲の編集権限

M1 Mac

現在発売中のM1チップ搭載のMac一覧

M1 Macbook Air

10万円前半で購入できる爆速 軽量MacBook Air

M1 Macbook Pro

10万円台半ばから購入できる13インチMacBook pro
16インチ、15インチの発売が楽しみです。

M1 iMac

デザインも一新させた24インチiMac
7core CPUモデルだと、有線LANが搭載されていないので、こだわる人は8core CPUモデルがおすすめ。USBポートも増えて、キーボードにTouch IDが搭載されて、プラス2万円弱で17万円台。

M1 Mac mini

手軽にデスクトップMacを導入できる10万円弱のMac mini。
基本的な注意点は、キーボードやマウス、ディスプレイが付属していないことです。


 

 

タイトルとURLをコピーしました