【Googleスプレッドシート】グラフに移動平均線を表示する方法 トレンドラインで複雑なグラフの傾向を掴む

インターネット・ブラウザ
この記事は約2分で読めます。

Googleスプレッドシートのグラフを表示させてみたけど、グラフのバラツキが大きくて傾向がつかめない。。
移動平均線を表示させる方法はないかな?

 

 

Googleスプレッドシートには、標準で移動平均線をはじめとしたトレンドラインを表示させる機能がついているぞ。

 

 

グラフに移動平均線を表示させる方法

  1. グラフを選択するとグラフ右上に表示される3つボタンマークからグラフの編集を表示させます。
  2. 画面右側に表示されるグラフの編集エリアから系列を選び
  3. トレンドラインにチェックを入れます
  4. 種類から移動平均を選ぶことで、グラグに移動平均線を表示させられれます。
    区間を設定することで、何本の線を線を平均した移動平均線を表示させるかを決めることができます。
    下記の例では、区間を100に設定しているので過去100本の棒の平均を赤の線で表示させています。

移動平均線以外にも6つのトレンドラインが用意されています。

移動平均線はトレード、金融を勉強されている方にはメジャーな指標ですね。

他にもGoogleスプレッドシートには、以下のトレンドラインの種類が標準で用意されています。
線形、指数関数、多項式、対数、べき級数。

M2 M1 Macのラインナップ

Apple製品は、楽天リーベイツ経由もしくはAmazonにほしいモデルがあれば、Apple Storeで購入するよりもお得に購入できます。 以下はアフィリエイトリンクになっていて、本サイトの運営資金源となっています。応援&リンク先の閲覧お願いいたします。

M2 Macbook Pro13インチ M1 Pro MacBook Pro 14インチ

M1 Pro MacBook Pro 16インチ

M1 MacBook Air

10万円前半で購入できる爆速 軽量MacBook Air

M1 MacBook Pro

10万円台半ばから購入できる13インチMacBook pro
16インチ、15インチの発売が楽しみです。

M1 iMac

デザインも一新させた24インチiMac
7core CPUモデルだと、有線LANが搭載されていないので、こだわる人は8core CPUモデルがおすすめ。USBポートも増えて、キーボードにTouch IDが搭載されて、プラス2万円弱で17万円台。

M1 Mac mini

手軽にデスクトップMacを導入できる10万円弱のMac mini。
基本的な注意点は、キーボードやマウス、ディスプレイが付属していないことです。


 

タイトルとURLをコピーしました