【超簡単】Googleフォームの作り方

Google Docs
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

無料で使える高機能なフォームGoogleフォーム

単純なメールフォームとしてだけでなく、スプレッドシートにデータを記録できるので、名簿やアンケート等のリスト作成、集計にも使えます。

今回は、Googleフォームの基本的な使い方を画像を交えて解説します。

 

スポンサーリンク

Googleフォーム作成画面はどこから?

2通りの始め方があります。

方法1. Googleドライブの”新規” ファイル作成ボタンから

Googleドライブにログイン
「左上の作成ボタン」から、「その他」> 「Google フォーム」
こんなところに隠れています。

もちろんGoogle フォームページからも作成できます。

方法2.Googleフォーム 公式サイトからログイン

意外と見つけにくいGoogleフォーム公式サイトはこちらです。

Googleフォーム公式サイト

 

フォームの作成画面

初期画面

「フォームのタイトル」と、「フォームの説明」の入力欄と、サンプルとして一つだけ質問項目が設置さています。

初期設定の質問項目は、ラジオボタンになっています。

 

質問項目の選択画面

ラジオボタンと書かれたところの下向き矢印から選択すると、質問の形式を選ぶことが出来ます。

 

選べる質問の種類は、11種類

短文を入力してもらう「記述式」
長文を入力してもらう「段落」
いずれか一つを選択する「ラジオボタン」
複数選択できる「チェックボックス」など、様々な質問の形式を選ぶことができます。

 

質問の追加は、右のフロートメニューから

質問のボックス右にあるフロートメニューから項目の追加ができます。

  • プラスを押すことで質問を追加
  • 矢印付きのアイコンは、他のフォームから質問のインポート
  • TTは、タイトルと説明
    この項目の説明欄では、改行を入力できます。質問欄でも説明を追加できますが、こちらでは任意の改行は出来ません)
  • 画像の追加、動画の追加
    テストとしてフォームを使うときには活躍しそうな項目です。
  • セクションの追加。
    これによりフォームを複数ページにわけるられます。
    ラジオボタンの選択項目に応じて、次ページを選択することも出来ます。

 

質問以外の設定項目

右上の歯車アイコンから設定ウィンドウを開けます。
※歯車の横にある、目のアイコンはプレビュー

設定ウィンドウからは、フォーム入力完了後の動作、表示内容を選ぶことが出来ます。

「メールアドレスを収集する」にチェックを入れると、フォーム利用時にreCHAPCHAが表示されやすくなります。

送信者のフォーム入力内容のコピーが、送信者のメールにも送られるようにするには、「メールアドレスを収集する」をチェックした上で、「回答のコピーを送信」のチェックを入れます。

 

 

 

 

デザインの設定はパレットから

右上のパレットのアイコンをクリックすることで、フォーム全体の色味、フォント、ヘッダー画像を設定することが出来ます。

 

 

 

フォームの送信、共有、埋め込み設定

Googleフォーム管理画面上から、直接メールを送ることが出来ます。

メール本文上に、フォームへのリンクが記載される方法と、メール本文自体にフォームを入れてしまう方法があります。

 

共有 リンクを取得
作成したフォームへリンクするためのURLを取得できます。
標準ではかなり長いURLですが、URL短縮の機能もあります。

 

埋め込み用のHTMLを取得
HTMLを埋め込むためのタグを取得できます。
タグ取得の際に、高さ幅が選べるのも有り難いです。

 

全機能紹介&サンプル

Googleフォーム 全機能紹介! サンプルあり。
...

コメント

タイトルとURLをコピーしました