iPhone Xで、ぼかしの撮影後調整をする方法 被写界深度調整 (ピントのあと合わせ)

iPad iPhone iPod
スポンサーリンク

iPhone XSから標準でも、撮影後にぼかしを撮影後にも調整できるようになりましたが、
Googleフォトを使うと、iPhone Xでも同じようなことが出来るようになりました。

正確にいうと、iPhone XSでもiPhone Xでもすべての写真の後から調整が出来るわけではなく、ポートレートモードで撮影したものがあとからピントを合わせる位置を調整したり、ピントを合わせたところ以外のボケ具合を強くしたり、全体にピントが合った状態のようにくっきりさせたり、することが出来るようになります。

iPhoneXSでは、標準アプリで出来るものの、iPhoneXでは標準では出来ないのが不思議です。
ソフトウェア上で制限をかけているのでしょうか。

ちなみに、ポートレートモードは、iPhone7 plusからついていますが、iPhoneXより前の機種では、ぼかし後のデータしか保存していないようで、Googleフォトを使っても後から調整はできないようです。

 

被写界深度調整の手順を写真でご紹介。

 

まずはGoogleフォトアプリで開きます。

iPhoneX以降のポートレートモードで撮影した写真である必要があります。
編集画面のした方の”奥行き”。これが被写界深度です。

 

 

奥行きを選択すると◯が現れます。

◯のついているところが、ピントをあわせたい場所

◯の位置をずらすことも可能です。

奥行きのスライダーを1番左すると全体にピントが合います。

 

ボカシを一番強くした状態

周りが強くボケています。

いかがでしょうか? 面白い機能ですね。iPhoneXSにしかないと思っていた機能ですが、iPhoneXでもできちゃうんですね。

コメント