遅いパソコンでも出来る! ビデオ会議

ハードウェア
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

世の中は、テレワーク一色ですね。
テレワーク導入に伴い、ビデオ会議を利用する機会も多くなっていると思います。
かくいう私も週に数回のビデオ会議をしています。

今回のテーマは、低スペックなパソコンで、ビデオ会議をする必要がある人向けの情報です。

スポンサーリンク

ビデオ会議 ビデオチャットは、パソコンに負荷をかけます。

ビデオ会議中、パソコンは、カメラ、マイク、動画再生、インターネット通信と、かなり多くの処理を処理をリアルタイムでこなすことになります。

会議中は、別のソフトウェアも同時に使用したいと思います。
Slackなどのチャットツールや、ブラウザ、オフィスなどのソフトも、パソコンに負荷をかけます。

普段の仕事では、普通に使えていたのにビデオ会議をしながらだと、遅くなって困る。
そんな人のために、オススメなのが、ビデオ会議はスマホを使う方法

ビデオ会議アプリは、スマホでも使えます。

パソコンは今まで通りの作業をしつつ。

ビデオ会議はスマホで行いましょう。

Skype、Zoom、Wherebyなど、有名なビデオ会議ツールは、いずれもスマートフォンアプリが用意されています。
AppStoreやGoogle Playストアで、お使いのビデオチャットアプリ名を検索してみて下さい。

会議で使う資料やソフトウェアはパソコンで開いて、ビデオ会議はスマホを使いましょう。
そうすることで、パソコンに負荷をかけることなく、快適にビデオチャットも利用できます。

 

スマホでビデオ会議をするメリット

パソコンに負荷をかけない。
パソコンの画面を専有しない。
好きなアングルにカメラを向けられる。
通常のスマホスタンドでも十分ですが、フリーアームなどがあれば更に机の場所すら使わずに、好きなアングルにできます。
パソコンの画面を写すことも可能。
アナログですが、スマホを持ってパソコンの移したいところに持ってゆくことで、画面を写せます。
パソコンで使うビデオ会議ツールの画面共有よりも、移したいところだけが写せて便利だったりします。

画面共有について

先にメリットで説明した、スマホのカメラで画面を写すという方法もありますが、Wherebyなどは、チャットルームに入るのにアカウントを指定する必要がないので、スマホでビデオ会議をしながら、どうしても画面共有がしたいときは、パソコンでもチャットルームに入室することで、両方でビデオチャットをすることが出来ます。

 

その他、ビデオ会議を快適にする方法

イヤホンマイクを使う

私の場合は、Airpods proを使っていますが、パソコンのスピーカーとマイクだと、どうしても不要なノイズも拾ってしまいます。
同じ部屋など音の届く範囲に、別の参加者がいたりすると確実にハウリングが起きてしまいます。
そんな場合でも、イヤホンマイクがあれば、安心です。

私は、AirPods proを利用しています。ノイズキャンセリングも付いていて、とてもオススメ。

Airpods proは、最高の耳栓にもなります! ノイズキャンセリング最高!
...

 

スマホ用フリーアームを使う

スマートフォンでビデオ会議するときに、スマホを好きな場所に固定しておくツールです。
机の上にないだけでスペース的にスッキリ見えたり、机に置くスマホスタンドに比べて、角度などの自由度が高まります。

 

 

パソコンを買い換える。

最終的には、パソコンを買い換えるのも、一つの手です。
遅いパソコンによる生産性の低下は、作業のスピードだけでなく、精神的なストレス解消にもなります。

5万円台

 

11万円台

 

 

17万円台〜

LG gram 17 2020年版と2019年版 徹底比較!
...

コメント

タイトルとURLをコピーしました