Macのドック(画面下のアプリ一覧)の位置を変更する方法! マルチディスプレイ環境

Mac
この記事は約2分で読めます。

テレワーク化が進み、複数のディスプレイを使っているも多くなっていると思いますが、Macをお使いで、Dockの位置があっちこっちの画面に移動して目障りという人はいませんか?

Dockは、頻繁に使うアプリを画面下に一覧表示させておく場所

私のDockはこんな感じになています。

Dockの位置をディスプレイ間で変更する方法

移動したいディスプレイの画面中央下で、マウスカーソルをクリックして静かに待ちましょう。
すると他のディスプレイに表示されていたDockが移動してきてくれます。

私もこの方法がわかるまで、散々Dockを直接動かそうとしたり、Dockのいろんな箇所を2本指でクリックしてメニューを出そうとしていましたが、その方法では移動することが出来ませんでした。

画面の下以外にも、左右にも設置できます。

Dockの区切り線のところで、2本指でクリックするとメニューが出てきます。

画面上の位置のメニューから、左、下、左右を選ぶことが出来ます。

Webブラウジングなどで、画面を縦方向に長く使いたい人には、有効だと思います。
もちろん、”自動的に非表示”をオンにすれば、使っていないときは消えてくれるので、これでも縦方向は長く使えます。

 

Dockの位置、すっきりしましたか?

Dockのアプリって、Touchバーに表示できたりするんでしょうか?
私のMacは、Macbook Air2015なので、Touchバーがないので、わかりません。
ご存じの方がいたら教えて下さい。

 

M2 M1 Macのラインナップ

Apple製品は、楽天リーベイツ経由もしくはAmazonにほしいモデルがあれば、Apple Storeで購入するよりもお得に購入できます。 以下はアフィリエイトリンクになっていて、本サイトの運営資金源となっています。応援&リンク先の閲覧お願いいたします。 M2 Macbook Pro13インチ M1 Pro MacBook Pro 14インチ

M1 Pro MacBook Pro 16インチ

M1 MacBook Air

10万円前半で購入できる爆速 軽量MacBook Air

M1 MacBook Pro

10万円台半ばから購入できる13インチMacBook pro
16インチ、15インチの発売が楽しみです。

M1 iMac

デザインも一新させた24インチiMac
7core CPUモデルだと、有線LANが搭載されていないので、こだわる人は8core CPUモデルがおすすめ。USBポートも増えて、キーボードにTouch IDが搭載されて、プラス2万円弱で17万円台。

M1 Mac mini

手軽にデスクトップMacを導入できる10万円弱のMac mini。
基本的な注意点は、キーボードやマウス、ディスプレイが付属していないことです。


 

タイトルとURLをコピーしました