Matebook X proとMacbook Airのサイズ比較 レビュー

Mac
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

さんざん迷った挙句に購入したのは、HUAWEI Matebook X Pro
11万円強でした。

今まで使っていたMacbook Air early2015との比較をしたいと思います。
サイズ表には、2019年版のMacbook Airも掲載しました。
Macbook Airも大きな変化はないものの、2019年に発売されたRetinaモデルは小さく高解像度化されています。
ただ結論としては、本体サイズは一番小さいのはMatebook X Pro。

大きさの比較 Matebook X Pro < Macbook Air 13インチ

フットプリント  縦横サイズ比較

重ねてみました。
下にあるのがMacbook Air early2015です。
画像ではよくわかりませんが、右側と下側はきっちり位置を合わせています。
上のMatebook X proが一回り小さいく、A4用紙より1cm弱大きい位のサイズ感です。

Matebook X Pro Macbook Air early2015 & 2019 Macbook Air Retina
約30.4cm 32.5cm 約30.4cm
奥行き 21.2cm 22.7cm 21.7cm

Matebook X Proが強いですが、2019年版のMacbook Airも健闘しています。

 

厚みの比較 互角?

最も厚い部分で比較するとぴったり同じくらい。

厚み
Matebook X Pro 約1.5cm
Macbook Air Retina 約1.56cm
Macbook Air early2015 & 2019  約1.6cm

最も薄い部分は、Macbook Airの方が薄いですが、厚いほうは、見た目上の差はわかりません。
スペック上は、Matebook X Proが1mm薄いです。

 

 

液晶ディスプレイ Matebook X Pro 13.9inch > Macbook Air 13.3inch

液晶ディスプレイは、Matebook X Proの圧勝。
本体サイズは、Macbook Airよりも小さいのに、液晶ディスプレイは、大きい。
91%の画面占有率を誇る狭額縁のおかげで、Matebook X Proの方がわずかですが大きくなっています。
画面サイズだけでなく、

解像度Matebook X Proの圧勝
Apple Macbook Air early2015だと1440×900
Huawei Matebook X Proは、3000×2000

Macbook Air 2015 & 2019 < Macbook Air Retina < Matebook Pro X

重量
Macbook Air early2015 1440×900
Macbook Air Retina 2560×1600
Matebook X Pro 3000×2000

 

※ちなみに、2019年に発売されたMacbook Airは、画面解像度が2,560 x 1,600で、狭額縁になっています。

 

重量比較 Macbook Air 2019 < Matebook Pro X < Macbook Air 2015

Macbook Air 2019 < Matebook Pro X < Macbook Air 2015

重量
Macbook Air 2019 Retina 1.25Kg
Matebook X Pro 1.33Kg
Macbook Air early2015 1.3Kg

 

 

実勢価格は、購入は、こちらから

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました