WiFiルータ選び 電波改善方法4つ! > 検討の結果メッシュルータ Tp-Link Deco M5導入! オススメです。

ハードウェア
この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

広範囲にWiFi電波を届かせる4つの方法

今回は、今話題のメッシュルーターをご紹介しようと思っていますが、
もちろん、WiFi電波 速度改善の方法は、メッシュルータだけではありません。

Wi-Fi電波改善4つの方法

  1. WiFiルータの買い替え
  2. WiFiルータの増設
  3. WiFi中継機の導入
  4. メッシュルータの導入

 

それぞれのメリットと商品をご紹介します。

WiFiルータの買い替え

一番簡単なのが、WiFiルータの買い替えですが、高級な機種を買うくらいであれば、メッシュルータを購入したほうがエリアを広げる効果は高いと思います。

今もし購入するのであれば、最新のWiFi規格WiFi6 対応ルーターという選択肢もあります。スピードが非常に早いのが特徴です。

ただ、WiFiエリアの拡張という点では、いくら良いルーターを買っても、電波法の制限による限界があり、なかなか厳しいです。

 

WiFiルータの増設

他のところに、有線LANのコネクタがあれば、その場所にWiFiルータを設置することもできます。
LANケーブルを引っ張っていって設置することも出来ます。

ただこれには欠点があり、SSIDが複数になってしまうことです。一つのルータと接続してから、他のWiFiルータがあるところへ移動しても、前のWiFiルータと接続を維持してしまい、通信速度が下がってしまうことがあります。

また単純にルータモードで接続すると、それぞれのネットワーク同士には繋がらなくなってしまいます。同じネットワークにしたい場合は、ブリッジモードを使うことで、この問題を回避できます。
※私も以前は2台のWiFiルータを、いずれもブリッジモードにして、ルータ機能はマンションネットワーク上のものを使っていました。

 

WiFi中継機

非常に分かりやすい名前ですが、Wi-Fi電波を中継してくれる機器です。

比較的安価にWiFiエリアの拡張ができます。
しかし元になるルータとも同じ電波を使うこと、接続先がWiFi中継機になるのか、元のルーターになるのか、その切り替えにスムーズさに難があり、どうしてもWiFiの通信速度が低くなる傾向があります。

 

 

 

メッシュルータ

メッシュルータは、以上の3つの接続方法の弱点を克服したものです。
比較的高価なものですが、その中でもTp-Linkの Deco M5は、かなりコストパフォーマンスに優れています。
WiFi6対応でメッシュルータというものもありますが、まだまだ高価です。
WiFi6 メッシュルーター

こちらのものはコスパに優れていて、私が購入したものです。↓

 

 

メッシュルータ間を有線接続することも出来ます。

メッシュルータは、メッシュルータ同士を無線LANで強力に接続できるのがメリットですが、その間を有線LAN化できるのであれば、それに越したことはありません。
単一のSSIDと、ルータ能力の向上といったメリットを活かしつつ、メッシュルータ同士を有線接続する方法をご紹介します。
技術的にはイーサネットバックホールと呼ばれれています。
実際に我が家のマルチメディアコンセントを活用したイーサネットバックホール導入を説明した記事です。↓

イーサネットバックホール接続例 メッシュWi-Fiルーターの機能を最大限活かす! Deco M5の場合
...

 

主なメッシュルータ一覧

TP-Linkの廉価版モデル

 

今回私が導入したのは、TP-LinkのM5

 

エレコム

 

WAVLINK

 

NETGEAR

 

 

LINKSYS

 

ここからは、トライバンド対応などで、ちょっと高価なモデルです。

BUFFALO

 

 

Google

Google Nest WiFiは、親機と子機に分かれているタイプで、子機にはGoogleアシスタントが搭載されています。

 

 

Net Gear
Orbiシリーズの最高峰2020年発売。
WiFi6対応 トライバンド対応と、メッシュルーター最強スペックと言ってもよいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました