OBSが異常終了してしまう場合の解決策

OBS異常終了の原因と解決策 テレワーク
この記事は約8分で読めます。

OBSが終了時に毎回異常終了してしまう。
異常終了の原因と解決策はないのかな。

OBS終了時は仮想カメラと配信は、オフにしてから

OBSを閉じるときに、エラーメッセージが表示される原因は、他にもあるかもしれませんが、私の場合は終了の手順が原因でした。

仮想カメラがオンのまま、配信がオンのままで、終了ボタンを押してしまうと、異常終了で、エラーメッセージのウィンドウが表示されてしまいます。

仮想カメラをオフにして、配信を終了して数秒待ってから、OBSを終了させると、通常通り終了してくれます。

OBS異常終了時に表示されたエラーメッセージ

Process: obs [434]
Path: /Applications/OBS.app/Contents/MacOS/obs
Identifier: com.obsproject.obs-studio
Version: 27.1.0 (27.1.0)
Code Type: X86-64 (Native)
Parent Process: ??? [1]
Responsible: obs [434]
User ID: 501Date/Time: 2021-11-27 20:56:16.288 +0900
OS Version: macOS 11.6 (20G165)
Report Version: 12
Bridge OS Version: 5.5 (18P4759a)
Anonymous UUID: XXXXXXXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXXXXXXXX

Time Awake Since Boot: 3800 seconds
System Integrity Protection: enabled

Crashed Thread: 38

Exception Type: EXC_CRASH (SIGABRT)
Exception Codes: 0x0000000000000000, 0x0000000000000000
Exception Note: EXC_CORPSE_NOTIFY

Application Specific Information:
abort() called
obs(434,0x70000f7d1000) malloc: *** error for object 0x7faf074c6000: pointer being freed was not allocated

Thread 0:: CrBrowserMain Dispatch queue: com.apple.main-thread
0 com.apple.AMDRadeonX6000GLDriver 0x0000000136004b88 glrTerminateSampler + 0
1 libGPUSupportMercury.dylib 0x00007fff464602f4 gldDestroySampler + 16
2 libGFXShared.dylib 0x00007fff6bc0c6e3 gfxDestroyPluginTexture + 95
3 GLEngine 0x00007fff6bf44e9d gleFreeTextureObject + 36
4 GLEngine 0x00007fff6bf12675 gleUnbindAndFreeFramebufferObject + 172
5 GLEngine 0x00007fff6be7456a glDeleteFramebuffersEXT_Exec + 280
6 libobs-opengl.so 0x0000000135f15222 gs_texture_destroy + 498
7 libobs.0.dylib 0x0000000110289446 gs_texrender_destroy + 22
8 libobs.0.dylib 0x00000001102bdc8c obs_source_destroy + 812
9 libobs.0.dylib 0x00000001102be545 obs_source_release + 85
10 libobs.0.dylib 0x00000001102fec2c obs_sceneitem_release + 172
11 libobs.0.dylib 0x0000000110304bb9 remove_all_items + 665
12 libobs.0.dylib 0x00000001102fd28e scene_destroy + 14
13 libobs.0.dylib 0x00000001102bdbc3 obs_source_destroy + 611
14 libobs.0.dylib 0x00000001102be545 obs_source_release + 85
15 com.obsproject.obs-studio 0x000000010c694e7d QtMetaTypePrivate::QMetaTypeFunctionHelper<(anonymous namespace)::SignalContainer<OBSRef<obs_scene*, &(obs_scene_addref), &(obs_scene_release)> >, true>::Destruct(void*) + 125
16 org.qt-project.QtCore 0x000000010fe88aa4 0x10fc53000 + 2316964
17 org.qt-project.QtCore 0x000000010fe76d1d QVariant::~QVariant() + 109
18 org.qt-project.QtWidgets 0x000000010f33e418 QListWidgetItem::~QListWidgetItem() + 152
19 org.qt-project.QtWidgets 0x000000010f33e4ae QListWidgetItem::~QListWidgetItem() + 14
20 org.qt-project.QtWidgets 0x000000010f33b089 0x10f077000 + 2900105
21 com.obsproject.obs-studio 0x000000010c6547a4 OBSBasic::ClearSceneData() + 100
22 com.obsproject.obs-studio 0x000000010c66aeb8 OBSBasic::closeEvent(QCloseEvent*) + 1256
23 org.qt-project.QtWidgets 0x000000010f0c3fa6 QWidget::event(QEvent*) + 1206
24 org.qt-project.QtWidgets 0x000000010f1d4fe4 QMainWindow::event(QEvent*) + 276
25 org.qt-project.QtWidgets 0x000000010f08a9f6 QApplicationPrivate::notify_helper(QObject*, QEvent*) + 262
26 org.qt-project.QtWidgets 0x000000010f08bda2 QApplication::notify(QObject*, QEvent*) + 466
27 org.qt-project.QtCore 0x000000010fe38c36 QCoreApplication::notifyInternal2(QObject*, QEvent*) + 166
28 org.qt-project.QtWidgets 0x000000010f0b3923 QWidgetPrivate::close_helper(QWidgetPrivate::CloseMode) + 179
29 org.qt-project.QtWidgets 0x000000010f0c9f57 0x10f077000 + 339799
30 org.qt-project.QtCore 0x000000010fe69b02 0x10fc53000 + 2190082
31 org.qt-project.QtWidgets 0x000000010f0816a6 QAction::activate(QAction::ActionEvent) + 310
32 org.qt-project.QtCore 0x000000010fe61f94 QObject::event(QEvent*) + 900
33 org.qt-project.QtWidgets 0x000000010f08a9f6 QApplicationPrivate::notify_helper(QObject*, QEvent*) + 262
34 org.qt-project.QtWidgets 0x000000010f08bda2 QApplication::notify(QObject*, QEvent*) + 466
35 org.qt-project.QtCore 0x000000010fe38c36 QCoreApplication::notifyInternal2(QObject*, QEvent*) + 166
36 org.qt-project.QtCore 0x000000010fe39d73 QCoreApplicationPrivate::sendPostedEvents(QObject*, int, QThreadData*) + 803
37 libqcocoa.dylib 0x0000000113aa4892 0x113a68000 + 247954
38 libqcocoa.dylib 0x0000000113aa4f98 0x113a68000 + 249752

私が使っているWebカメラ

暫く、スマホをWebカメラ代わりにしていましたが、やはり専用のWebカメラの方が手軽です。 スマホの方が高画質と言われますが、このSpedal製のWebカメラは引けをとらない画質で満足しています。 歪みの殆どない広角、高画質Webカメラです。気に入って2台使っています。 5,000円以下という値段からするとかなりコスパが高いと思います。
ANKERが2021年に発売したWebカメラ Powerconf C300 Pro 広角から狭角まで付属ソフトから選ぶことができ、画質もかなりクリアで綺麗です。 1万円弱ですが、十分な価値があると思います。

私が使用中のWebカメラスタンド

縦長で撮影するという特殊な使い方も可能にしてくれる万能スタンドです。 ノートPCの下に台座、そして後ろからアームで伸ばすことができます。 通常のネジ穴(1/4カメラサイズ)にスマホホルダーが付いているので、色々付け替えも可能です。 ネジ穴付きのWebカメラならそのまま設置できます。

Zoomミーティング用の照明おすすめ2選

私が使っているポータブルライトと同タイプをご紹介します。

めっちゃ明るくてバッテリー内蔵、小型なのでオススメです。
こちらは会議というよりも、オンラインレッスンで使っています。明るさは、部屋全体を明るくする程。

リングライト

私が使っていませんが、一般的に人気があるのはリングライトです。 リングライトの特徴は、顔全体が均等に明るくなること。 但し、瞳の中にリングが写ります。 またリングサイズで、明るさがかなり変わるようです。 口コミを見る限りですが、8インチでは小さすぎるようです。
タイトルとURLをコピーしました