LF-S50g(Sony スマートスピーカー)とGoogle Home miniの比較 半年併用後のレビュー 特に感度が。。。

ハードウェア
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

LF-S50GとGoogle Home mini併用して半年気になったこと、良いことなど、レビューしてゆこうと思います。

デザイン

いずれも気に入っています。

LF-S50g

 

グレーのLF-S50Gを使っていますが、ソニーらしく洗練された印象を受けます。
大きさは、事前にサイズを図っておくことをおすすめします。結構小さい印象です。
でも、キッチンやテーブル、ベッドサイドに奥にはちょうどよいです。

 

Google Home mini

可愛らしく、こちらも洗練された印象をうけます。

 

音質

こちらは、さすがにソニー、LF-S50G方に軍配が上がります。
LF-S50Gの特徴である360度無指向性というのは、結構よく、アイランドキッチンなど、部屋の真ん中に置くなどすると、とても音の広がりを感じます。
ただ、サイズ感以上の驚きはあまりないです。期待しすぎない方が良いかと思います。

Google Home miniも、サイズ以上に大きな音が出ますので、BGMとしてサクッとかけておくには、さほど不満はありません。

私の場合、しっかり聞きたい曲のときは、iPhoneからAirPlay対応スピーカーにつなげています。スピーカーはBowers & Wilkins Z2、 新品で3万円くらいのさほど高価なものではありませんが、LF-S50Gとは比べ物にならないです。価格もサイズも全く違うので、比較することが間違っているとは思いますが、、

 

感度 ここが一番気になったところ

話しかけたときの、反応の良さが、LF-50GとGoogle Home Miniでは全く違います。

完全に静かな部屋、例えば寝室などでは、どちらもちゃんと反応しますが、リビングなど雑音があるところでは、LF-50Gは反応が悪くなってしまいます。

テレビや、別のパソコンなどから音が流れていたり、換気扇がついていたり、外の音が大きかったりすると、「OK グーグル」といっても反応しないことが多くあります。かなり大きな声でスピーカーの方に向かって「OK グーグル」と言っても、離れているところだと反応せず、別の部屋のGoogle Home Miniの方が反応してしまうことがあります。

また、LF-50Gの方は、呼んでいないのに、聞き取りモードに入ってしまうことも、結構多くあります。ただこちらも寝室の静かな部屋では、誤反応がなくなりました。

 

LF-50Gのジェスチャーコントロール

正直なぜ、このような機能を搭載したのか、疑問です。使い方の動画などもあり、何度も練習しましたが、思い通りの操作はできなかったです。

何回もやり直すことになり、声でやった方が良いという結論になりました。

せめて接触型で、確実に操作できればよかったと思います。

 

結論

私の結論としては、リビングにGoogle Home Mini、寝室にSony LF-50Gとなりました。

最初の構想は、リビングのキッチンの部屋の真ん中で音質の良い、LF-50Gを使うというものでしたが、リビングで良い音というほどでもなく、音楽よりも他の用途で使うことが多いので、感度の良いGoogle Home miniがリビングに適しているという判断になりました。

LF−50Gについては、ちょっと厳し目の評価になりましたが、勝手損したとまでは思っていないです。

時計表示は便利ですし、Google Home miniよりは音質が良いですし、デザインも良いです。寝室にもGoogleアシスタントがほしいというのもあります。

 

購入先


ソニー LF-S50G WC(ホワイト) スマートスピーカー


【在庫あり】【あす楽対応】Google Home Mini (チャコール)【Google アシスタント】に対応 小型スマートスピーカー GA00216JP プレゼント ギフト お祝い

※Google Home miniは、現在後継機種のGoogle Nest miniが発売されています。
機能面での大きな変化は、2台のGoogle Nest miniがあれば、ステレオでの音楽再生が可能になったっ点です。

Google Nest Mini 2台導入 致命的なところ。。Google home miniと比較
...

コメント

タイトルとURLをコピーしました