DMM mobile 楽天モバイル 料金比較 移行すべきか?2019年8月版

SIM
この記事は約3分で読めます。

楽天モバイルがDMMモバイルを買収するとの発表を受けて、DMM mobileから楽天モバイルに移行すると良いプランがあるのか調べてみました。

DMM mobileは、業界最安を謳っていたので、楽天モバイルになってどうなるのか心配な人も多いハズ。

ちなみに、Freetelが楽天モバイルに買収されたときも、1年以上同じプランで契約することが出来たので急いで、契約変更する必要はないです。

各プランでDMM mobileと楽天モバイルを比較

SIM1枚で比較 話し放題ナシ

容量 DMMモバイル 楽天モバイル
1GB ¥1,260
2GB ¥1,380
3GB ¥1,500
3.1GB ¥1,600
5GB ¥1,910 ¥2,150
6GB
7GB ¥2,560
8GB ¥2,680
10GB ¥2,890 ¥2,960
14GB
15GB ¥3,980
20GB ¥4,680 ¥4,750
24GB
30GB ¥6,150

全ての箇所で、楽天モバイルよりも、DMM mobileの方が安くなっています。

SIM 1枚 10分話し放題込で比較

DMM mobile 楽天モバイル
スーパーホーダイ
2年間だけ楽天会員は割引※3年縛り
1GB ¥2,110
2GB ¥2,230 ¥2,980 ¥1,480
3GB ¥2,350
5GB ¥2,760
6GB ¥3,980 ¥2,480
7GB ¥3,410
8GB ¥3,530
10GB ¥3,740
14GB ¥5,980 ¥4,480
15GB ¥4,830
20GB ¥5,530
24GB ¥6,980 ¥5,480

楽天モバイルで3年縛り契約の上で、楽天会員である場合は、DMM mobileよりも安くなります。
ただ、2019年10月より順次楽天 自社回線への移行を進めるといったアナウンスもあり、これだけ再編の多い格安SIM業界において3年縛りというのは、ちょっと首をかしげたくなります。。

DMM mobileの現状

契約した数年前は、かなり快適に使える状態でした。

しかしながら徐々に速度が低下して、ここ数ヶ月はお昼の時間帯の通信速度低下は目に余る状態になっていました。

その中での楽天モバイルによる買収ニュース。
楽天モバイルへ買収が見えていたため、回線の増強を積極的にしていなかったのかと私は思っています。

楽天モバイルの今後

2019年10月から徐々に自社回線への変更を推奨するというアナウンスが出ています。

サービス開始時にトラブルがないかといった点については、最新の注意を払うのでしょうが、未経験の分野であるだけに、心配はあります。多少の障害があっても大丈夫という人から乗り換えてゆくのではないでしょうか?

また自社回線で、魅力的な価格設定のプランが設定されれば、検討出来るのではないかと思います。

 

次回は、複数SIMを契約している人向けに比較記事を書きたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました