スマートコンセントの選び方

ハードウェア
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

我が家には、3つのスマートコンセントがあり、Googleアシスタント、スマホアプリと連動しています。

もう一つ導入を考えていて、今回機種の選定と選び方を記事にすることにしました。

スマートコンセントとは、WiFiに対応したコンセントです。
スマートプラグ、WiFi対応コンセントといったりもするようです。
アプリやAIスピーカーと連動して、コンセントのオン・オフが出来ます。

 

スポンサーリンク

スマートコンセントの選び方

プラグの形状

最近は減ってきていますが、海外からの輸入品が多く、プラグが3本だったり、日本のコンセントに刺さらないことがあります。
当然100V対応である必要があります。

 

コンセントの数

コンセントが1つだけのものから、2つ、そして4,5つというものもあります。
購入したスマートコンセントが指定するアプリ上で、それぞれのコンセント口に名称を付けることが出来ます。
部屋にコンセントをアサインして、その上でコンセント口の名前を指定することで、AIスピーカー、スマホアプリから操作できます。

 

対応するAIの種類

殆どのスマートコンセントが、Googleアシスタント、Amazon Alexaに対応していますが、最近はSiriに対応しているものも出てきているので、拘りたい方はSiri対応モデルを選んでみましょう。

 

IFTTT対応かどうか

Googleアシスタントと、アプリだけで、かなりのことができますが、もっといろんな機器を連動させて、条件を設定してということを考えた場合は、IFTTT対応のものを選ぶと良いでしょう。

IFTTTは、ウェブサービスで、もし家を離れたら、自動で指定したコンセントの電源を切るといった設定をすることが出来ます。スマホのGPSで指定した範囲から離れた場合、コンセントに対して指示を出すような設定になります。

 

スマホアプリについて

スマートコンセントは、その会社が使っているスマホアプリとセットで運用する形になります。
アプリは星の数ほどあり、Googleアシスタントの場合、それをいくつも連携させることが出来ますが、もし使いやすいアプリに出会ったら、その会社のシリーズで集めても良いかもしれません。

スマホアプリには、タイマーが殆どの場合ついていますが、このオンオフの仕様がアプリによって違ったりします。
いくつでもオンもオフも自由な時間、曜日に設定できるものもあれば、そうでないものもあるようです。

タイマーの活用方法
・消し忘れやすい機器は、外出時間後にオフの設定をしておく。
機器が付いていても、消えていても、オフの指示が飛ぶので、消し忘れても大丈夫です。
・空気清浄機は、家にいるとき、ロボット掃除機が動いているときだけ、オンにする。

 

 

1口のスマートコンセント

クーポンを適用すると1500円以下に。

【Amazon.co.jp 限定】Meross WIFIスマートプラグ Meross スマートコンセント ハブ不要 スイッチ 無線リモコン ソケット ワイヤレス Alexa/Google Home/IFTTT対応 電源制御 遠隔操作 日本語の説明書付き(1個入り)

 
スマートホーム機器大手Switchbot社のスマートコンセント
クーポン適用で1600円位になります。

SwitchBot スイッチボット スマートプラグ Wi-Fi コンセント – タイマー 遠隔操作 音声コントロール Alexa Google Home IFTTT Siriに対応

2口 エネルギーモニタリングも出来ちゃうスマートコンセント

エネルギーモニタリングまで出来て、2100円。

スマートプラグ WiFi スマートコンセント Aoycocr インテリジェント ソケットエネルギー モニタリング Amazon Alexa, Googleホーム 2ピン 遠隔操作 スケジュール設定 音声コントロール 日本語アプリ ハブ必要ない 節電 2.4GHzのWIFI接続 技適取得済み PSEマーク

 

マルチタップ 4口 + USBポート付き スマートコンセント


【Amazon.co.jp 限定】Meross Meross スマート電源タップ スマートプラグ 遠隔操作 Alexa/Google Home/IFTTT対応 個別スイッチ 4+4(AC差し込み口 +USBポート) 省エネ MSS425FJP-VC

 

 

おまけ スイッチを押してくれる機器もあります

あれもこれもWiFi対応にしたいと思っていると、どうしても出来ないものが出てきますが、この自動の指のような機器が解決してくれます。
Switchbot社の最初の製品のハズです。

想定される使用場所としては、給湯器、リモコン対応でない照明器具、車庫などのシャッターの開閉、コンセントからの給電のオンオフで動いてくれない機器(一部の加湿器や、扇風機など)

SwitchBot スイッチボット スイッチ ボタンに適用 指ロボット スマートホ ーム ワイヤレス タイマー スマホで遠隔操作 アレクサ、Google home、 HomePod、IFTTTに対応(ハブ必要)

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました