今スマートテレビがアツい。Youtube視聴や、PCの外部ディスプレイにも使える4K TV

ハードウェア
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

1年以上前から4Kテレビを、ノートパソコンの外部ディスプレイと使ってきましたが、もう手放せません。

導入したときの記事はこちら

4Kテレビを外部ディスプレイにする方法 Macbook Airで説明
...

外部ディスプレイとして使うには、テレビのスタンド等で適度な高さにすることが、重要ですが、この辺りは別の記事にしたいと思います。

今回は、スマートテレビ機能に絞ってご紹介します。

スポンサーリンク

スマートテレビは、単体でYoutubeなどが見れます!

テレビ離れが進み、ネット動画を見る人が増えていますが、スマートテレビはまさにその欲求を満たしてくれます。

スマートテレビ内には、独自OSであったり、Android OSが搭載されていて、ほぼ全てのテレビでYoutubeを見ることが出来ます。
AmazonビデオやNetFlix、Abema等を見れるスマートテレビも多数発売されています。

PCのサブディスプレイにするならば、43インチ 4K一択!

43インチは、PCのディスプレイとして使うのに、MAXのサイズだと思っています。
これ以上大きいと、正直、両サイド、上下を見る気がなくなると思います。
実際1年以上43インチの4K TVをサブディスプレイとして使ってきた、実体験からしても、間違いないと思います。

かといって、43インチのディスプレイが大きすぎるとは思いません。メインの作業をするウィンドウは正面、両サイドや上下、ノートPC画面にはSlackやZoom、LINEなど、参照するための、別ウィンドウを開いておくと言った使い方をしていると、丁度良いとさえ思えてきます。

また43インチ以下のサイズで、4Kテレビは、ほぼ売っていません。4Kの解像度はフルハイビジョン(FHD)ディスプレイの4倍もの画素数です。43インチ以下では画面が細かくなりすぎて、コストが高くなってしまうのでしょう。と、思っていたら、40インチの4Kテレビもいくつか発売されていました。
iMacの一部など、パソコンのディスプレイでは21.5インチで4Kといったものもあります。
しかし、拡大表示でなく、そのままのサイズで使うならば、やはり43インチくらいが妥当と思っています。
せっかく高解像度でも、拡大表示してしまったら、きれいに見ることは出来てもデスクトップ画面を広く使うことは出来ません。

スマートテレビは4Kに決まり。

Youtubeでも、4Kのコンテンツはかなり増えてきます。

光回線など、高品質な回線でないと当然視聴は厳しいですが、ドローンなどで、風景を撮った4K動画を見ていると本当に美しくて、窓や、絵画のような使い方で、流しっぱなしにしても良いと思います。
実際殆どの、スマートテレビは4Kです。

お値段は、なんと3万円台〜

1位、2位の安さは中華メーカーですが、狭額縁、デザイン性、実績共に世界クラス。。
コストパフォーマンス高すぎです。お金に余裕がない人は、こちらで決定だと思います。

TCL 43P8B 4K 43型 スマートテレビ 4万円前後

2020年5月現在で調べたところ、43インチ 4Kのスマートテレビ最安値は、TCL 43V型 4K スマートTV P8シリーズ 43P8B
送料込みで39,800円!

TCLって、怪しい中華メーカーでしょ?って思った方、驚くなかれ、テレビ出荷台数 世界第2位。一位がサムスン、3位がLG電子。残念ながら日本メーカーの方が世界ではマイナーです。。
最近は、2本でも大手家電量販店でも、1,2台は展示されています。

Hisense 4K 43型 スマートテレビ 5万円前後

こちらも中国メーカーですが、日本でも東芝のレグザと共同開発をするなど、日本市場にも浸透し。日本で液晶テレビ市場では、パナソニック、ソニーを抜き2位、1位はSHARPという状態。
製品には3年保証がついています。

 

Hisense  43E6800 4K 43型 4Kチューナー内蔵 スマートテレビ 6万円前後

6万円出すと、4Kチューナーもついてきます。

 

 

東芝 43M530X

日本メーカーは7万円台から購入できます。
こちらアレクサ搭載。これはちょっとおもしろいですね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました