【Zoom他】画質がよく広角で歪まないWebカメラ Spedal 920Pro

Spedal_920 歪まない広角ウェブカメラ ハードウェア
この記事は約5分で読めます。

オンラインレッスンを沢山している関係で、数々をWebカメラを試してきました。
今回は、遂に見つけた”広角で歪まず綺麗な画質のWebカメラ”をご紹介します。
歪まないとは、魚眼効果が出ないという意味です。正確には若干の歪みはどうしても出ますが、パッと見では気づかない程度です。

オンラインレッスンでWebカメラに求められる画角の広さ

オンラインレッスンでは、社交ダンスや体幹トレーニングを教えていますが、その場合重要になってくるのが画角の広さ(広角度合い)が求められます。

広角であるほど、カメラに映る範囲が広いので当然レッスンはしやすくなります。特に動きのある種目であるほど、広い画角が便利です。

注意すべき点は、広角になるほど画面に映る範囲が広くなるので、映るものの大きさ(当人も含めて)は小さくなります。

今まで使ってきたWebカメラ

Macbook Air、Macbook ProのFacetimeカメラ

まずは、Macbook Air 2016、Macbook Pro16インチ内臓のFacetimeカメラ、この2つは全く使う気に慣れないくらい画質が悪いです。次期Macでは是非改善して欲しいところです。

スマホをWebカメラにする。

続いて結構オススメなのが、携帯をWebカメラ代わりに使う方法。スマホによりますが、かなり高画質でうつしてくれます。広角度合いもスマホに依存しますが、私がメインに使っていたのは、OPPO A2020です。
プライベートはiPhone Xですが、これよりもOPPO A2020の方が、明るく広角に移りました。魚眼のような歪みもありません。

【スマホを外部カメラに設定する方法】MacでZoomの外部カメラが認識されないときの解決法
スマホをWebカメラにする方法が、にわかに流行ってきています。 オンラインミーティングに慣れてきて、カメラ映りをみんな気にし始めた人が、手元にあるスマホの高画質カメラをPCのカメラの代わりに出来ないか。 そんなニーズに答えるアプリがいくつかあります。 スマホをPCの外部カメラにするアプリ 私は、Irium WebcamとEpocCamを使ってみました。 ※私が試した環境は、 ...

GoPro(アクションカメラ)をWebカメラにする

続いて、昨年遂にWebカメラ機能を搭載した、GoPro Hero9。これも期待してWebカメラ代わりに購入しましたが、露光が低く暗いです。
明るい屋外で使うことが前提のようです。
画角もさほど広くありません。

GoPro Hero9がZoomに繋がらないときのチェックポイント 手順が大事!
GoProがHero9から正式にWebカメラ機能を搭載しました。 しかし他のカメラに比べて、接続手順に癖があるように思います。 順番を間違えるとエラーとなってしまいます。 確実にGoProを認識させるには、この順番で接続 Zoomアプリは、終了させておく。 GoProがGoPro connectモードになっているか確認 GoproからUSBケーブルを外して通常起動し、カメラ...

ご紹介する広角で歪みのないWebカメラ Spedal 920 Pro

Spedal 920 Proの特徴

Spedal 920 Proの画角は120度。縦も横も十分な広さがあると思います。
お値段も4,000円程度とお手頃です。元は1万円近くで発売されたもので、実機も安っぽい空っぽなプラスティックではないです。
レンズ部分を回すことでマニュアルフォーカスにもできますし、レンズ前で手をふることでオートフォーカスにすることも出来ます。
とても明るく、歪みもないのでオススメです。
私は、今日到着して使ってみて、早速2台目を注文しました。

※歪みのなさについて補足
詳しい方に言わせると四隅に若干の歪みが出ているようですが、パット見魚眼レンズのような効果は全く出ていません。

Macbook Pro 16インチのFacetimeカメラとSpedal 920 Proの画角比較

左がMacbook Pro 16インチのFacetimeカメラ
右がSpedal 920 Proです。
全く同じ位置、明るさに設置して撮影しています。
特別な照明はつけていません。

 

Zoomミーティング用の照明おすすめ2選

私が使っているポータブルライトです。

めっちゃ明るくてバッテリー内蔵、小型なのでオススメです。
こちらは会議というよりも、オンラインレッスンで使っています。明るさは、部屋全体を明るくする程。

リングライト

私が使っていませんが、一般的に人気があるのはリングライトです。 リングライトの特徴は、顔全体が均等に明るくなること。 但し、瞳の中にリングが写ります。 またリングサイズで、明るさがかなり変わるようです。 口コミを見る限りですが、8インチでは小さすぎるようです。

M1 Mac

現在発売中のM1チップ搭載のMac一覧

M1 Macbook Air

10万円前半で購入できる爆速 軽量MacBook Air

M1 Macbook Pro

10万円台半ばから購入できる13インチMacBook pro
16インチ、15インチの発売が楽しみです。

M1 Mac mini

手軽にデスクトップMacを導入できるMac mini。
基本的な注意点は、キーボードやマウス、ディスプレイが付属していないことです。


 

 

タイトルとURLをコピーしました