【回線速度テスト】ビデオ会議が快適に出来るかスピードテスト。 マナーです。

インターネット・ブラウザ
この記事は約3分で読めます。

テレワーク環境を皆さん整えているところと思いますが、毎日多数のビデオ会議をしていて一番重要と感じるのが、ネット回線。

実際にビデオ会議、ミーティングが始まってから改善するのは難しいので、事前に確認しておくことをオススメします。

ネット回線の速度に影響するポイント5つ
・Wi-Fiルーターと自身のパソコンやスマホの位置関係
・Wi-Fiルーターや中継機の性能
・実際の光やCATV、マンション内の回線品質
・外出先であれば、電波状況、携帯会社の実力、時間帯
・端末の性能

超簡単 回線速度と快適さをチェックする方法

Googleで「スピードテスト」と検索、1番目に表示される「インターネット速度テスト」から、青のボタン【速度テストを実行】をクリックするだけです。

Google公式のサービスです。M-Labというとっころと共同で行っているサービス。

使用するデータ量は、4.4MBなので、音楽を1,2曲分ストリーミングする程度。外出中にスマホでテストしても、さほど気にならない量です。

実際のスピードテスト画面

 

Googleで「スピードテスト」検索した画面
※ブラウザで標準の検索エンジンがGoogleになっている人は、ブラウザのアドレス欄から「スピードテスト」と検索しても大丈夫です。
1番目に表示される、右下の速度テストを実行をクリックしましょう。
30秒ほど待つと、結果が表示されます。
ダウンロード速度(相手の映像を見る快適度)、アップロード速度(自分の画像を送る安定感)
その下に、評価が出ます。ビデオ会議の快適度についても、書いてありますので、初心者でも分かりやすいと思います。

外出先でビデオ会議をするなら、スピードテストはマナーです。

外出中でも、宿泊先や、車の中であれば、ビデオ会議は十分できます。
私も、先日、車の中でビデオ会議をしました。

ただし、場所によって電波環境が大きく変化することがあるので、ビデオ会議開始前にしっかりスピードテストをすることをオススメします。
実際、私の場合も、最初に駐車したところと、少し場所を変えたところでは、回線速度にかなりの開きがありましたので、可能であればどこで会議をスタートするのか判断する、スピードテストを使って頂ければと思います。

ちなみに私が使っている回線は、UQモバイルです。格安SIMの中でも快適なスピードで人気があるのでオススメです。

自宅でのWiFi環境改善について

安定している自宅のインターネット回線であれば、スピードテストは必要ないかもしれませんが、ビデオ会議に問題が出たときに、相手側の回線の問題なのか?自分側の問題なのかのチェックにスピードテストを利用することもできます。

また自宅でも回線品質が安定しないようであれば、Wi-Fiルータの場所を変えたり、ビデオ会議をする場所を変えてみたりして、その場でスピードテストをしてみましょう。
どうしてもWi-Fiルータとの位置関係に無理があるようであれば、メッシュ型Wi-Fiルーターもオススメです。

WiFiルータ選び 電波改善方法4つ! > 検討の結果メッシュルータ Tp-Link Deco M5導入! オススメです。
広範囲にWiFi電波を届かせる4つの方法 今回は、今話題のメッシュルーターをご紹介しようと思っていますが、 もちろん、WiFi電波 速度改善の方法は、メッシュルータだけではありません。 Wi-Fi電波改善4つの方法 WiFiルータの買い替え WiFiルータの増設 WiFi中継機の導入 メッシュルータの導入 それぞれのメリットと商品をご...
タイトルとURLをコピーしました