格安SIM今契約するならUQモバイルがおすすめ DMMモバイルから乗り換え。

SIM
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

DMMモバイルが楽天モバイルに買収されることが決まり、かねてより通信速度の低下に不満を持っていたので移転先を探していました。

もともとはFreetelを利用しており、この会社が楽天モバイルに買収され、それを嫌ってDMMモバイルにしていたので、今更楽天モバイルには移行できません。
※楽天はクレジットカードも利用していますし、嫌いではないのですが、料金体系、ネットワーク品質の評判から特に魅力は感じません。。

最終的にNMPで移転したのは、UQモバイルになりました。

DMMモバイルと楽天モバイルの比較はこちら

UQモバイルを選んだ理由 メリット

無料お試し期間があった。

KDDIのau回線を使うということで、自宅や職場などの電波状況を確認しておきたく、大変ありがたいサービスでした。
DMMモバイルのときに比べて、圧倒的に早く、自宅も職場も快適に使えました。
一つ誤算だったのが、私のiPad pro 10.5インチが非対応だったこと。SIMフリーでも使えないなんて。。
お試しをiPadでする予定だったので、ちょっと大変でした。

通信速度の評判が良く、実際も速くて快適です。

格安SIMの速度比較系サイトをいくつか見ても、UQモバイルは抜きに出て良い実行速度が出ています。
実際お試し期間で使ってみても、DMMよりもずっと良いスピードが出ています。

Docomoやau、Softbankを使っていて、通信速度が遅くなることを心配して、格安SIMに乗り換えられない人にはオススメです。

料金が高くない

一番安いというわけではありませんし、料金プランは容量別に3つしかありません。
しかしながら、特別高いというわけでもなく、実際に使いたいとき(昼など)にあまりに低速で使えないような格安SIMでは意味がないので、十分納得の行く金額です。

2019年10月からの新料金も非常に良心的です。

ここまでが決め手となったポイントです。

KDDI系に興味があった。

かの有名な稲森和夫会長が作った会社の子会社。
稲盛哲学から考えて、そんなに劣悪なサービスを提供するとは考えられない。

格安SIMでは珍しく実店舗もある。

こちらは今月スマホデビューを飾った母にも勧めやすかったポイントです。
実際にドコモからNMPで移行しました。クレジットカードがなければ口座振替も利用できます。

WifiスポットWi2の無料利用

Wi2エリアのすべてではありませんが、Wifiスポットを使うことも出来ます。

UQモバイルの残念なところ

複数回線の契約が割高

iPhoneとiPad両方使っていて、いずれもSIMカードを入れている人って結構いると思うのですが、私も多分にもれずそうですが、残念ながらあまりそれには向いていません。

一つづつ別回線で契約する必要があります。
※iPad proは、DMMモバイルのままです。DMMモバイルはドコモ回線なので、KDDI回線とドコモ回線の2つを持っているのは、災害時や地方などでは、便利かもしれないので、これはこれでアリかなと思っています。

iPad pro 10.5がSIMフリーでも使えない。

これには驚きました、日本でSIMフリーのiPad Proが使えない格安SIMがあるとは想定していませんでした。
確かに動作確認リストには入っていません。

 

契約や15日間お試しはUQ mobile

コメント

タイトルとURLをコピーしました