Youtube埋め込みコードのコピー サイズ簡単調整する方法 超直感的!

インターネット・ブラウザ
この記事は約2分で読めます。

Youtubeの埋め込み用HTMLサイズを一発で指定する方法があるぞ。

自身で使っているブログの横幅が標準のYoutube埋め込みサイズに合わずに手動でサイズ指定している人は朗報!

 

Youtubeの画面上で右クリックで埋め込みコードをコピーすると、現在ウィンドウサイズが反映される

もう、このタイトルで説明したいことは全てです。

高評価、低評価ボタンの横に表示されている共有ボタンから埋め込みコードをコピーすると、規定のウィンドウサイズでiframeの埋め込みコードがコピーされますが、Youtubeの映像上で右クリックして表示される埋め込みコードをコピーするボタンを使うと現在開いているブラウザのサイズに合わせたピクセル数でコードが作成コピーされます。

なお、ウィンドウの横幅いっぱいに表示されるシアターモードでも、右側に関連動画が表示猿デフォルト表示モードでも、それぞれの画面サイズに応じたサイズで埋め込みコードがコピーされます。

こんな使い方に便利

お使いのブログサービス等では標準の埋め込みコードではサイズが合わず、いつも手動でサイズを調整している。
そんな方の場合は、共有したいYoutubeのウィンドウサイズを自身のブログの横幅に合わせてから画面右クリックから埋め込みコードをコピーする。
細かなピクセル数を指定したい場合は不向きな方法ですが、サクッと共有してしてしまいたいときは、かなり手間が減るのではないかと思います。

余談
10年以上前から使っているSeesaa blogのテンプレートは横幅が狭く、Youtubeのシェアをすると必ず横幅がはみ出てしまい、いつも手動でHTMLソース調整していました。この方法を見つけてからはかなり作業が楽になりました。

いまどきのブログであれば、Youtube埋め込み用の調整機能があるのかと思いますが、私の使っている古いテンプレートのせいかSeesaa BlogではYoutube埋め込み用の機能が機能せず、この埋め込みコードのiframeで表示させています。

 

M2 M1 Macのラインナップ

Apple製品は、楽天リーベイツ経由もしくはAmazonにほしいモデルがあれば、Apple Storeで購入するよりもお得に購入できます。 以下はアフィリエイトリンクになっていて、本サイトの運営資金源となっています。応援&リンク先の閲覧お願いいたします。 M2 Macbook Pro13インチ M1 Pro MacBook Pro 14インチ

M1 Pro MacBook Pro 16インチ

M1 MacBook Air

10万円前半で購入できる爆速 軽量MacBook Air

M1 MacBook Pro

10万円台半ばから購入できる13インチMacBook pro
16インチ、15インチの発売が楽しみです。

M1 iMac

デザインも一新させた24インチiMac
7core CPUモデルだと、有線LANが搭載されていないので、こだわる人は8core CPUモデルがおすすめ。USBポートも増えて、キーボードにTouch IDが搭載されて、プラス2万円弱で17万円台。

M1 Mac mini

手軽にデスクトップMacを導入できる10万円弱のMac mini。
基本的な注意点は、キーボードやマウス、ディスプレイが付属していないことです。


 

タイトルとURLをコピーしました