【Youtube】動画を再生できません。と表示される原因と対策

Youtube 特定の動画が再生されない。 インターネット・ブラウザ
この記事は約4分で読めます。
SP link

Youtubeでは、普段からYoutubeに動画をアップしているのに、特定の動画だけ再生できない、といった問題が起きることがあります。
アップした動画に含まれる音楽よって、動画が再生されないことがあります。
今回の記事では、その原因と著作権、対策をご紹介します。
なお、この問題は”限定公開”の動画でも発生します。

SP link

Youtubeにアップした動画が再生されない理由

アップロード直後は処理中だったりするので、Youtube側での処理が終わるまで待てば良いと思いますが、待っても再生できないことがあります。

動画を再生できません。と表示される原因

動画を再生できません。
この動画にはSony Music Entertainment(Japan)さんのコンテンツが含まれており、お住いの地域では著作権上の問題で権利所有者によりブロックされています。
この表示は、説明文にある通り、アップした動画内に利用が許可されていない音楽等が使われていることを示しています。
Youtubeでは、動画内の音楽を自動で、曲名 アーチスト、著作権者を見つけ出して、再生可能な契約 設定状態にあるのか確認しています。
この画像の場合だと、Spny Music Entertainment(Japan)Incさんが著作権の管理者で、Youtube上での使用を許可していないということになります。

「動画が再生できません」と表示される場合の管理画面は

先の画像のような、「動画が再生できません」と表示される場合、Youtube Studioのコンテンツ、アップロード動画一覧画面の公開設定、制限の列に以下のような表示がされます。

どの曲が制限の原因になっているのか確認し対応を選べる。

先にご紹介した「著作権侵害の申し立て」ウィンドウの下部にある「詳細を表示」から、「著作権の概要とステータス」といった画面を開けます。
この画面から、どの曲が原因になっているのかも確認でき、その部分だけ音を消す等の対応も選択することが出来ます。

著作権侵害の申し立て

著作権の概要とステータス

右側の「操作を選択」をプルダウンすると表示されるメニュー

セグメントをカット:該当部分を消してしまう
他の曲に換える:そのままの意味ですね。
曲をミュートする:該当の部分だけミュートになります。

音楽が入っていても再生できる動画もある理由

明らかに著作権がある音楽が入っていても、再生される動画もあります。

これは非常にシンプルな理由で、著作権の管理者、権利者がYoutube上での再生を許可しているということです。

ちなみに、許可している=無償で利用させているとは限りません。

例えば、JASRACはYoutubeと包括契約を結んでおり、動画再生時に表示される広告収入から、再生量に応じた著作権料を受け取り、楽曲を作った人、権利者へ著作権料が渡る仕組みになっています。

この場合は、当然Youtubeにアップした人が、その動画から広告収入を得ることは出来ません。

JASRACの公式ページ (YouTube等の動画投稿サービスでの音楽利用について)https://www.jasrac.or.jp/news/20/interactive.html

著作権者を確認する方法

使用されたコンテンツのタイトルの、右側にある下向き矢印「>」をクリックすると詳細が表示されます。
Youtube再生画面で、どの部分で該当の曲が使用されてるのかも確認できます。

どうしても曲付きで誰かに見せたいとき

著作権の問題なので、一般に公開することは出来ません。

しかし特定の人に見せたいということであれば、Googleドライブにアップする方法があります。
GoogleドライブやGoogleフォトにアップした動画の共有リンクを取得し、リンクを送ります。
Googleドライブであれば、ドライブ内で再生用のプレーヤーが起動してストリーミングで動画を見ることが出来ます。

ファイルサイズが大きな場合は、直接動画ファイルを送ることになります。ギガファイル便であれば1ファイル200GBの大きなファイルでも送ることが出来ます。
※動画編集ソフトがあれば、動画の品質をさげることで、ファイルサイズを調整することも可能です。

 

以上、Youtube上で再生できない動画がある場合の、原因と対応方法でした。

タイトルとURLをコピーしました