【Zoom】接続できないとき、チェックする3つのポイント

Zoom 接続できない。障害情報 テレワーク
この記事は約3分で読めます。

Zoomに繋がらない。。

今や電話よりも使用頻度が高くなったとも言えるZoom。
大事な会議に参加するときや、ホストするときに、使えないと大変です。
そんなときにチェックしたいポイントと対策をご紹介します。

Zoomが繋がらない原因

Zoomの障害

これは一番起きてほしくない状態ですが、数ヶ月に1回ほどは、障害で止まっているときがあります。
Zoomに障害が起きているかは、以下のZoom障害情報サイトで確認できます。

ちょうどキャプチャを取るタイミングで、軽い障害が起きていました。。

Zoom Status
Welcome to Zoom's home for real-time and historical data on system performance.
Zoom稼働状況 障害確認

インターネットの問題

こちらは初心者向けの情報になりますが、自身のネットワーク障害、相手側のネットワーク障害の両方が考えられます。

通信品質の問題であれば、スピードテストを行い、上り(アップロード)と、下り(ダウンロード)のスピードが共に1Mbps以上あれば通信はできるでしょう。
もし接続不良の原因追求をするのであれば、接続している人全て、もしくは品質が落ちている人の通信品質を調べましょう。

スピードチェックは、Googleで「スピードテスト」と検索する方法がおすすめです。

【回線速度テスト】ビデオ会議が快適に出来るかスピードテスト。 マナーです。
テレワーク環境を皆さん整えているところと思いますが、毎日多数のビデオ会議をしていて一番重要と感じるのが、ネット回線。 実際にビデオ会議、ミーティングが始まってから改善するのは難しいので、事前に確認しておくことをオススメします。 ネット回線の速度に影響するポイント5つ ・Wi-Fiルーターと自身のパソコンやスマホの位置関係 ・Wi-Fiルーターや中継機の性能 ・実際の光やCATV、マン...

またネットワークの品質は、PC版であればZoomのソフトウェア上でもリアルタイムに確認できます。設定ウィンドウの統計情報を開いてみて下さい。ビデオも音声もリアルタイムでどの程度のロスがあり、どの程度の品質で通信できているのかが分かります。※この部分は改めて記事にしたいと思います。

またスピード改善の方法は別の記事にまとめました、参考にしてみて下さい。

WiFiスピードを改善する10の方法
Wi-Fiのスピードを改善する方法 Zoomなどの会議の品質を上げるために出来ること 簡単なスピード改善法 1.ルーターの再起動 2.モデムの再起動 3.接続端末(iPhone iPad パソコン等)の再起動 ここまでやってみて、スピードチェックをしてみましょう! ダメなら↓ 4.自分(端末)の場所を変更する 5.ルーターの場所を変更す...

 

PCやスマートフォンの問題

これも初心者向けの情報ですが、取り敢えず再起動してみましょう。

Zoom以外の選択肢も持っておこう

いざというときに、代替えプランを持っておくこともオススメします。

簡単なミーティングであれば、Zoomにこだわらなくても、LINEのビデオ通話やLINEミーティング、Messengerビデオのビデオ通話、Messenger Roomsでも事足ります。
ブラウザで完結させるのであれば、Wherebyというサービスもあります。

ただし参加者のコントロールや投票、多人数での会議をする場合は、LINEやMessengerでは心もとなくなるので、他のツールを検討しましょう。
Zoomにもっとも近い機能があるのは、Webexです。(Zoom社長のエリック ユアン氏が開発をしていたので当然?)
市場シェアとしては、Google Meet、Microsoft Teamsも高いものをもっているでしょう。

Zoomミーティング用の照明おすすめ2選

私が使っているポータブルライトです。

めっちゃ明るくてバッテリー内蔵、小型なのでオススメです。
こちらは会議というよりも、オンラインレッスンで使っています。明るさは、部屋全体を明るくする程。

リングライト

私が使っていませんが、一般的に人気があるのはリングライトです。 リングライトの特徴は、顔全体が均等に明るくなること。 但し、瞳の中にリングが写ります。 またリングサイズで、明るさがかなり変わるようです。 口コミを見る限りですが、8インチでは小さすぎるようです。

私が使っているWebカメラ

暫く、スマホをWebカメラ代わりにしていましたが、やはり専用のWebカメラの方が手軽です。 スマホの方が高画質と言われますが、このSpedal製のWebカメラは引けをとらない画質で満足しています。 歪みの殆どない広角、高画質Webカメラです。気に入って2台使っています。

ちょっと気になるWebカメラ

画角変更機能はかなり便利そう。
一人でミーティングに出席する際は、狭角にすれば余計なものが写らず、複数人だったり動きを見せたいときは広角にできる。 とても興味あります。

私が使用中のWebカメラスタンド

縦長で撮影するという特殊な使い方も可能にしてくれる万能スタンドです。 ノートPCの下に台座、そして後ろからアームで伸ばすことができます。 通常のネジ穴(1/4カメラサイズ)にスマホホルダーが付いているので、色々付け替えも可能です。 ネジ穴付きのWebカメラならそのまま設置できます。
タイトルとURLをコピーしました