ZoomとWhereby 無料プランで比較 通信品質 機能 セキュリティーは? / 簡単に始められるビデオ会議ツール Zoomの代替にも

インターネット・ブラウザ
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

ビデオ会議ツールの中でも、使い勝手の良さが評判のZoomとWherebyについて、無料プランで比較してみました。

いずれのサービスも、主催者がルームを作り、参加者はルームのURLにブラウザからアクセスするだけという、簡単な仕様です。

参加者のITリテラシが低い場合や、アプリのインストールや、サインアップ等の手間をかけさせたくないときに、有用なビデオ会議サービスです。

ZoomもWherebyも、有料プランもありますが、無料で使えるプランがありますので、無料プランでそれぞれどこまで使えるのか比較してみようと思います。

 

スポンサーリンク

無料プラン 機能比較表

※Zoomの40分までというのは、3人以上の場合で、2名での通話の場合は制限は適用されません。

 

通信品質に差が

Wherebyの方が手軽に始められるものの、ビデオ通話時に使うデータ量は、Wherebyの方が多く、通信速度が満足に得られない場合は、通信品質に問題が起きやすくなります。

Zoomは、元々モバイルを前提に作らえたこともあり、通信品質が低くても安定した動画再生が可能になっています。
※これは私もWhereby利用時に、相手の映像がカクカクして、Zoomに切り替えたらスムーズになった経験があるので、間違いないと思います。

これはモバイルデータ通信の利用時に、データ量を抑えられるというメリットにもなると思います。

 

セキュリティーに関して

2020年4月現在、セキュリティーに関してZoomは沢山の問題が指摘されていますが、Wherebyについてはあまり指摘されていません。

これはWherebyの方がセキュリティーに対して、優れているというわけではないのでご注意下さい。

Wherebyは、URLにアクセスするだけで、会議に参加できてしまいますし、URLにパスワードをかける機能もデフォルトではありません。この辺りがZoom爆弾でしてきされていたZoomの大きな問題点なので、ご注意下さい。

Wherebyの手軽さは、本当に素晴らしく、私も利用することがありますが、その分セキュリティーは劣るということは、認識しておいて方が良いと思います。

 

Wherebyの紹介記事

無料&登録&アプリ不要のビデオ会議ツール URLを送信するだけ 【Whereby】
...

コメント

タイトルとURLをコピーしました