【タンゴウォークの特徴 ヴァシリーキリンレクチャー動画】Tango wallk, Vasily Kirin

WDSF Amateur Ballroom World Finalist

タンゴウォークの特徴 ヴァシリーキリンレクチャー動画

Tango wallk, Vasily Kirin

ステップの3原則

1.ヒール→トーへの体重移動 0:33
(後退はトーからヒール)
全種目共通

2.コンプレッション 床への圧縮 0:57
スイングダンスではライズ&フォールを伴い、タンゴでは脚の上での圧縮のみ

3.ローテーション 1:11
左、右へのローテーション
※ローテーションでよく見かけるミステイクは、上半身だけで行ってしまうもの。
腰と肩が同じラインを保って練習するのがオススメ。

スイングダンスとタンゴのステップの違い

スイングダンスでは、3つの原則(H→Tへの体重移動、コンプレッション、ローテーション)を使い、体重が前に進み始めたらスタンディングレッグを使ってセンターバランスへの体重移動を行う。2:03

タンゴでは、3つの原則後に、スタンディングレッグを使わずフリーレッグを使ってセンターバランスへ移行する。2:27
センターバランスへの移行したときは、まだ後ろの足に(男子の右足)体重を感じておく。
続いて体重移動を完了させるため左足首を使って引き寄せる(少しだけ

タンゴウォークではカーブを描く 4:05

フリックアクションの練習方法 4:43

全編動画

Tango walk, Vasily Kirin
スポンサーリンク