新組織WDOからの声明 2019/06/12

スポンサーリンク
Uncategorized

先日のブラックプール開催中に初回の会合が開かれた新しい社交ダンスのアマチュア組織WDOが、新たに声明を出しました。

要約すると、WDOはWDCと対立するものではない。非営利であり、役員は任期制で会計の透明性が求められる。世界選手権については、公平性を保って行われる。独裁ではなく民主主義的に決める。

原文と機械翻訳文をFacebookより転載します。

 

スポンサーリンク

原文

World Dance Organisers (WDO)

The WDO stems from the desire of many competitors, teachers, coaches, judges, organisers and organisations to have Amateur World Championships organised around the world for equal opportunity for all dancers worldwide.

We are founded by a mix of organisers and dance enthusiasts who are not looking for profit or benefits for ourselves. We are not against the WDC and have no intention to be in conflict with them.

Many will agree that transparency is needed when the World Championships are allocated and the panels of Adjudicators are selected. Where clear rules for selection are set and followed.
The founder members will be in office for a limited term, to provide their services to the dancing world with financial transparency accountability and not to profit from it personally. Dictatorship will never be our symbol, and democracy is the way forward. We are here to avoid personal interest of individuals, but to promote and provide the assistance for the interests of the world-wide organisers and dancers.

Unfortunately, there are dancers who achieved the very highest results in major championships around the world, but chose not to participate in the World Championships.
Everyone is free to choose where they want to compete and WDO is here to provide new opportunities worldwide.

The atmosphere at the inaugural meeting was full of enthusiasm and expectations for the WDO. So many well know people of our industry came to show their interest and support. We realise the responsibility we have towards the whole dancing community and we will do all we can to fulfil and deliver our promises.

Founding Committee of the WDO

 

 

翻訳文

世界のダンス競技主催者の皆さんへ(WDO)

WDOは、世界中のすべてのダンサーのための平等な機会のために世界中で開催されるアマチュア世界選手権を開催したいという多くの競技者、教師、コーチ、審判、主催者、および組織の願望に由来する。

私たちは、自分たちの利益や利益を求めていないオーガナイザーとダンスファンの混合によって設立されました。われわれはWDCに反対しているわけではなく、WDCと対立するつもりもない。

世界選手権が割り当てられ、審判委員会が選出される場合、透明性が必要だということに多くの人が同意するだろう。選択の明確なルールが設定され、守られている。
創設メンバーは任期を限定し、資金の透明性に関する説明責任をもってダンス界にサービスを提供し、個人的に利益を得ることはない。独裁は決して私たちの象徴ではなく、民主主義が進む道だ。私たちがここにいるのは、個人の興味を避けるためではなく、世界中の主催者やダンサーの興味を促進し、支援するためです。

残念なことに、世界のメジャー大会で最高の成績を収めたのに、世界選手権には出場しなかったダンサーもいます。
誰もが競争したい場所を自由に選ぶことができ、WDOは世界中に新しい機会を提供するためにここにいます。

第1回総会の雰囲気は、WDOに対する熱意と期待に満ちており、多くの業界関係者が関心と支持を表明しました。私たちはダンスコミュニティ全体に対する責任を自覚し、私たちの約束を果たすためにできる限りのことをします。

WDO設立委員会

引用元

World Dance Organisers (WDO) The WDO stems from the desire of many competitors, teachers, coaches, judges, organisers…

WDOさんの投稿 2019年6月11日火曜日

コメント