5/21 Tango 呼吸で作る安定感。呼吸を止めるキレと歯切れ良さの復習

スポンサーリンク
競技志向社交ダンスサークル

前回は、ワルツとの対比で、タンゴの特徴であるキレと歯切れの良さを作り出す練習法を試してみました。

呼吸を長くすることで、止まらない継続的な動きを、そして呼吸を止めることで動きを止めることができます。
リード&フォローにも大きく影響します。正しく息を合わせるのに必要と思いますので、是非活用したいものです。

そして、今回は、呼吸、特に腹式呼吸をすることで、腹圧を高め、骨盤の安定に繋げようと思います。
骨盤の安定は、どの種目でも重要ですが、骨盤に傾きを作らないタンゴでは特に必要だと思います。

練習として、
Walk Link、Closed Promenade、Back Corte、Open Promenade、Open Finish、Swivel、Promenade Link、Contra Check、Ronde、

その他に、バリエーションを、ビクターフォンのビデオをお手本に練習してみたいと思います。
Fallaway Whisk Spin Lunge Stop Lock Fallaway Reverse Slip Pivot

JBDC 2016 TOKYO Honour Dance by Victor Fung & Anastasia Muravyeva

 

本日の場所は、
品川区荏原第一区民集会所 第一集会室(武蔵小山 オオゼキの上です)
18:40~20:10 サークル
17:30~21:30まで、サークルの前後練習可能です。

18:00のコマでワンポイントレッスンのキャンセルが出ました。
ご希望の方はお声掛け下さい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました