【追記あり】8/6 Waltz ポスチャーとポジション 

スポンサーリンク
競技志向社交ダンスサークル
スポンサーリンク

今回のテーマは、ポスチャーとポジション

前回は、組み方をかなり丁寧にお話しました。
最初に乱れて組んでしまっては、うまく綺麗なポスチャーになれるはずがないので、非常に重要です。

今回は、綺麗なポスチャーを保つ、もしくは、綺麗なホールドを保つに当たり重要な、ポジションについて。

筋力について

頑強なホールドを持っているから、きれいなホールドを保てる。屈強な筋肉がなければ綺麗なホールドは保てない。 そんな事はありません。
もちろんある程度の筋肉は必要で、殆どのトップダンサーは筋力トレーニングをしています。
ホールドに必要な筋肉は、前鋸筋、僧帽筋下部だと私は、思っています。
この筋肉をしっかり使うことができれば、何も100kgのものを持ち上げるほどの筋肉は必要なく、持続的に使えることが重要です

ポジション

正しいホールドの作り方をしていれば、あとは、ポジションを守ることが、綺麗なホールド、ポスチャーに繋がります。

ポジションが乱れることは、ホールドを崩す大きな原因になります。

ポジションの種類

・クローズドポジション(インライン、アウトサイド)
・プロムナードポジション
・セイムフットポジション
この3大ポジションを理解するだけで、9割方のステップはカバーできます。
※今回のステップもこの3つだけです。
※ステップによっては、ウィングポジション、CPPも勉強しておくと良いと思います。

ポジションを維持する上で大事なこと

・いつもボディー(上半身)は平行
PPやセイムフットポジションでも、お互いの上半身が平行になるよう意識する

・女性は男性からポジションチェンジのリードがない限り、今のポジションを保つようにする。
2人が体幹部の垂直を保ちながら、移動する。
足首を曲げることで、互いに体幹部の距離を近づける。
遠心力や離れてゆく運動は、体幹部の吸引力でお互いがコンタクトを保つ。

・ポジションチェンジは、ローテーション(下半身or上半身の回転)によって起きる。

今回のステップ Waltz

1st LOD
Natural turn, Running spin turn, Side lock, Fallaway reverse & slip pivot, Telespin(Telemark Telespin), Throwaway oversway,
2nd
PP, Lock & Lunge, Switch, Reverse pivot, Open telemark

※ビデオはこちら↓

【動画追加】7/2 Waltz スウェイとローテーションの使い方
今回のテーマは、”スウェイとローテーション” スウェイとは、 左右への傾き(WDCでは背骨の傾きのこと、WDSFではホールドの傾きを含む) 軸は、矢状軸(ヘソから前に) ローテーションとは、 左右への上半身ないし、下半身の回転...

追記 サークルで紹介したPPの動画

【PPのレクチャー ミルコ&エディータ】How To Dance Promenade Position Steps in Ballroom Dances | Mirko Gozzoli & Edita Daniute
ミルコゴッゾーリ エディータダニウテが、新しく始めたオンラインレクチャーの宣伝ビデオプロムナードポジションについての解説動画PPについては、いくつかの流儀があるように思いますが、WDSF教本に概ね則った解説になっています。2人の足は90度、

今回の場所と時間

品川区 中小企業センター レクホール
サークル 18:40~20:10
場所が使える時間 17:30~21:30。サークルの前後、ワンポイントレッスンと並行してですが、練習できます!ぜひ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました