モバイルバッテリー選びの大事なポイント ケーブル全部内蔵がオススメ。

ハードウェア
スポンサーリンク
モバイルバッテリーというと、
容量(何回iPhoneが充電できるのか?)とか、
重さ、サイズ、デザインに目が行きやすいですが、
実際の使い勝手を考えた場合、自分のスマホとつながるためのコード、もう一つこのモバイルバッテリーを充電するためのコードが内蔵されているのか?
が重要なポイントとなると思います。

以下にご紹介する機種は、そのいずれも満たしています。
スマホとつながるためのコードは、iPhoneであれば、USB to lightning
モバイルバッテリー本体を充電する場合は、USB to Micro USBになってきます。

まず最初にご紹介するのが、現在私が使っているバッテリー
コードもすべて内蔵し、一つはUSB Type-Cに交換することもできるので、将来性もバッチリです。

MIMIU モバイルバッテリー 10000mAh ケーブル内蔵 最小最軽量 2USBポート 急速充電可能 全機種対応
私が買ったときの価格は1400円ほどで、値段的にも容量的にも一押しです。
新しく見つけたこちらの商品であれば、ACコンセントも内蔵しています。
値段的にも4000円を切っていますので、これから買うならこれでも良いかもしれません。

モバイルバッテリー 大容量 (10000mAh ケーブル内蔵 3USBポート 折り畳みプラグ搭載) 急速充電 軽量 薄型 iPhone&iPad&Android各種対応 ホワイト

これにApple Watch持ちであれば、USB出力端子か、Apple Watchへの無線充電機能が搭載されているかになると思います。
こちらについては、条件を満たす商品はとても少なくなります。


いずれも、機能の割に、バッテリー本体を充電するコードはついていなかったり、容量の割に高価であったりと、発展途上な感じがします。
私の場合は、遠出をしてApple Watchも充電しないといけないときは、通常のモバイルバッテリーとケーブルを持ち歩くようにしています。
短いコードが有ると便利ですね。

コメント