iPad,iPhoneをMac PCの外部ディスプレイにする方法 無料アプリ

iPad iPhone iPod
スポンサーリンク

iPadを外部ディスプレイにするは、Mac(or Windows)でも外部アプリが必要になります。
大半のアップル信者は、MacBookとiPad、iPhoneを使っていると思うので、Appleに標準機能として搭載してほしいと思います。
今回は、無料で使えるアプリをSplash Wired XDisplayをご紹介します。


設定は、ざっくりいうと、
iPadとMac(Windows PCも対応)にそれぞれSplashtopのアプリを入れて、
有線で接続、途中でプライバシーの設定変更、iPadの接続許可がでるので、許可をする。
私の場合これだけは、動かず、メニューバーに表示されているアプリのアイコンから、Preferenceを選択し、Airplayディスプレイを選択、ミラーリングのチェックを外し、iPadの画面を上下左右どこに配置するかを設定することで使用できました。

 

Macbookの画面のミラーリングをすることもできますし、
ディスプレイを拡張するセカンドディスプレイ的な使い方もできます。

私は後者で使っていますが、非常に便利です。

無料というのがありがたい

若干のもたつきは、ありますが、十分許容範囲です。
有料のアプリだと、有名なのがDuetDisplayで1200円ほどのものがあります。
もしこのSplashtop Wired XDisplayに不満があれば、検討してみてください。
不安定というほどのことはないのですが、
もし、つながらないときは、MacbookとiPad双方のアプリを再起動させて、Airplayディスプレイを選択し直すと繋がりました。
私の場合、使用しているときにiPadの画面がスリープ状態になり、再度ロック解除したもののつながらず、上記のようにアプリの再起動をすることで再接続できました。
iPadの自動画面ロックは解除して使うのが良さそうです。
Splashtopロゴ
https://www.splashtop.com/wiredxdisplay

コメント