Apple Watchで使う乗換案内は、これで決まり! 比較検討の結果!

Apple Watch
スポンサーリンク

Apple Watch Series 4を購入して色々とアプリを物色していますが、
使う頻度ナンバー1のアプリが、乗換案内。
7CEAECA8-A53A-4D55-8B27-D4E7215B5025.jpeg
iPhoneでは、Yahoo!乗換案内、Googleマップを愛用してきましたが、
Apple Watchを買ってからは”駅すぱあと”一択に!
決め手は、無料でApple Watchに表示できるのは、駅すぱあとだけ、
比較対象は、Yahoo!乗換案内、NAVITIMEで、いずれも有料プランへの加入が必要でした。
Yahoo!乗換案内から、駅すぱあとに乗り換えて、不便に思うことは特にありません。
Apple Watchからできることは、
iPhoneで検索した結果を表示すること。
DFC37FF9-D7B8-4B13-B5C9-153582A709DF.png
表示された結果の次、前の時刻で再検索すること。
F1E5ADCB-69C0-465E-96C5-ED471EE2CBCC.jpeg
電車の出発時間までのカウントダウン
AA6A0102-E9DB-400A-8ADE-9AAFCC20E33C.png
現在地表示(あと何駅かとかわかる)
7C4981AB-6813-41DB-A0FE-5A89601E849B.png
アラーム設定にはお金がかかるようです。
ちょっと気になる点は、Apple Watch側での表示に時間がかかることがある点です。
アップデートで改善できると思うので、期待しています。

コメント